みなさんの声を活かすためのユーザーアンケート集計結果
167回 アンケート集計結果

「就職氷河期」について

就職氷河期世代の68%「就職活動で苦戦した」と回答。
氷河期での就職だからこそ身についたもの、1位は「精神面でのタフさ」
今回は「就職氷河期」についてお聞きしました。

氷河期世代の方・非氷河期世代の方に、就活状況、初職の退職時期、仕事の充実度などを伺い比較したところ、大きく違いが見られたのは2点で、1点目は就活の苦戦状況、2点目は初職の退職時期でした。

1点目の就活の苦戦状況については、「就職活動に苦戦した」と回答した氷河期世代が68%であったのに対し、非氷河期世代では37%に留まり、就職のしやすさに明確な違いがあったことがわかります。2点目の初職の退職時期については、氷河期世代では「3年未満で退職」が最も多く30%。非氷河期世代では「10年以上勤めたのちに退職」が最も多く32%でした。

就職氷河期での就職だったからこそ身についたものは?という質問では「精神面でのタフさ」が47%で1位に。次点は「どんな局面にも対応できる臨機応変さ」で34%でした。
アンケートでは、ミドル世代の方々が今就活をするとしたら入社したいと思う企業も伺っています。転職活動の合間に、ぜひご一読ください。
アンケート実施期間 : 2019年11月1日 ~ 2019年11月29日有効回答数 : 2,391名
Q1.あなたは「就職氷河期世代」に該当しますか?
Q2.就職活動はしましたか?
Q3.Q2で「はい」と回答された方にお伺いします。
a) 就職活動は苦戦しましたか?
b) 就職活動の結果内定は得ましたか?
その他と答えられた方の回答より
  • 修了後、半年ほど就職浪人した。(40代・男性・氷河期世代)
  • 当時は新しい働き方として派遣社員が注目されていて、早々に就職活動は止めて派遣社員の募集に梶切りした。(30代・女性・氷河期世代)
  • 就職活動では決まらず、卒業生に紹介してもらい就職は決まった。(40代・女性・氷河期世代)
  • 内定後、リストラがあり、内定取消しになりました。(40代・男性・氷河期世代)
  • 中途採用の求人に応募して採用された。(40代・女性・氷河期世代)
Q4.Q3(b)で「内定を得た」と回答された方にお伺いします。
a) 初職での雇用形態は何でしたか?
その他と答えられた方の回答より
  • 業務委託。(40代・男性・氷河期世代)
  • 内定を得たが結局辞退して進学した。(30代・男性・氷河期世代)
  • フリーライター。(40代・男性・氷河期世代)
b) 初職の退職時期について教えてください。
その他と答えられた方の回答より
  • 内定を得たが、フリーランスでやりたい仕事が見つかり、大学期間を伸ばした。(30代・女性・非氷河期世代)
  • 会社が倒産した。(30代・女性・氷河期世代)
c) 初めてマネジメント職に就いた時の年齢を教えてください。
その他と答えられた方の回答より
  • マネジメント職相当の職務は行うが、昇格昇給は無い。(40代・女性・氷河期世代)
  • マネジメント職につくよう薦められたが実務が好きなので断った。(40代・男性・氷河期世代)
d) 現在(離職中の方は直近の前職)の仕事の充実度について教えてください。
上記のように考える理由も教えてください。
とても充実していると回答した方の声
  • 専門職に就くことができ、仕事も任せてもらえるため。(40代・男性・氷河期世代)
  • 過去に身に着けたスキルセットを生かせる業務に就いているため。(50代・男性・非氷河期世代)
  • 氷河期だったため 人も少なくいろいろなチャンスがあったと思う(40代・男性・氷河期世代)
  • 氷河期入社だった前職では昇進の門が非常に狭く、長年苦労してやっと管理職になった。転職した現職でその苦労が少しずつ報われているような気持ちを持って仕事が出来ているから。(40代・男性・氷河期世代)
まあ充実していると回答した方の声
  • 自分と仕事の時間を管理して充実した時間を過ごせているから。(30代・男性・非氷河期世代)
  • 現在は2社目だが、転職によってやりたい仕事ができているから。(40代・男性・氷河期世代)
  • 転職を繰り返し、経験をつけてそれなりの職についているから。(40代・男性・氷河期世代)
  • 三社目で好きな仕事に見つかった。(40代・女性・氷河期世代)
  • 転職を3度経験する中で、自分に必要な知識・経験を具体的に把握し、ステップアップすることができた。(40代・女性・氷河期世代)
  • 世の中に大きく影響を与える仕事に携われた。そういう事がやりたくて選んだ企業ではあったから。(40代・女性・非氷河期世代)
あまり充実していないと回答した方の声
  • 同世代の人数が多く、昇進がなかなか難しくなった。(50代・男性・非氷河期世代)
  • 元々望んだ会社に就職出来ずその後転職したが、スタートの失敗を挽回出来ていないため。(30代・男性・氷河期世代)
  • 技術派遣で仕事をしているが、定年まで同じように仕事をしていけるか考えていると不安しかない。(30代・男性・氷河期世代)
  • 不本意な就職から、業種業界をかえられずに我慢しているため。(40代・男性・氷河期世代)
  • 自分がやりたい仕事ではないから。新卒当時は就職できただけでも良かったという状況で、自分には合わないと思っても異動がかなう雰囲気ではなかった。(40代・男性・氷河期世代)
  • 成果をあげてもそれに見合う昇給がない。ステップアップの制度が整備されていない。(50代・男性・非氷河期世代)
まったく充実していないと回答した方の声
  • 評価制度も曖昧でベースアップも10年以上ない状況やりがいを感じない。(50代・男性・非氷河期世代)
  • 氷河期世代より契約社員、以後は派遣社員として複数社経験をしてきて現在年齢。長く会社とともに自分も成長していきたいのに契約期間満了とともに仕事が終わるの繰り返し。また仕事を探す…の作業に疲れ果ててしまう。(40代・女性・氷河期世代)
  • 世代交代が進み、いずらくなってきた。(50代・男性・非氷河期世代)
  • 仕事ばかりは重要なものも任されるが、全く賃金がそれに見合ってるとは言い難い。(40代・男性・氷河期世代)
Q5.Q1で「就職氷河期世代に該当する」と回答された方にお伺いします。
就職氷河期での就職だったからこそ身についたもの・得られたものはありますか?
その他と答えられた方の回答より
  • 常に学び続けなくてはダメだという考えがついた。(40代・女性・氷河期世代)
  • 会社や社会に過度に依存しないという生き方。(30代・男性・氷河期世代)
  • スキルや人生設計について深く考えることができた。(40代・男性・氷河期世代)
  • 転職で給料を上げていったため、臨機応変に幅広く様々な経験をしたおかげで視野が広くなった。(30代・女性・氷河期世代)
  • 派遣→正社員→転職というプロセスで実力を蓄えつつ成功する過程を経験できた。(40代・男性・氷河期世代)
  • やめたら後がないという気持ちだったので、嫌なことがあっても我慢すること。働くことにしがみつく強さ。(40代・女性・氷河期世代)
Q6.就職活動を振り返って思うことがあれば教えてください。
  • 就職するのも大変だったけど、入ってからも、人員整理後で業務量は多い上、業務の転換も頻繁だったので、時間・内容ともに厳しかったが、短い期間で多くのことが身についた。ああいう期間が一生続くのは嫌だが、ああいう期間があったのは良かったと思う。(40代・女性・氷河期世代)
  • その時の時代背景によって、内定を得やすい、得にくいということはあるが、あくまで入社時のことである。その後の充実した職業生活のためには、自分がやりたい事、得意な事を社会に貢献できる形でつなぎ合わせることをどれだけ真剣に考えるかにかかっている。自分はその作業にとりかかるのが遅すぎた。(40代・男性・氷河期世代)
  • 就職できないまま卒業してしまう同級生もいた中で、とりあえず正社員として就職できたので良かったとは思うが、現在の売り手市場での就職活動とは全く違うと思うので、世代間の不公平感のようなものは感じてしまいます。(30代・男性・氷河期世代)
  • 自分の専門性を磨いていかないとまずいという危機感は他の世代よりも備わった。結果的に良かった。(30代・男性・氷河期世代)
  • 就職氷河期であろうとなかろうと、自分の努力次第で道は切り拓く事は出来るので、一概に不幸な世代とは言えないと感じます。(40代・男性・氷河期世代)
  • 今の売り手市場とは全然違うなぁと。ただ、今の学生が楽かというと、そうも思わない。就活が早期化、多様化しているので、大変な面もあるので。能動的に動く学生にとっては良い時代かな。(40代・男性・氷河期世代)
  • 1992年卒でギリギリ氷河期前でしたが、結果、5年間「後輩なし」となりました。下積みが強制的に長かったのでむしろ辛抱強さは負けません。(40代・男性・非氷河期世代)
  • 希望もしてなかった会社に、幸運にも決まり、結果的に30年以上勤めた。無我夢中で就職活動していたとき、ある会社で試験を受けた際、隣にいた方から誘われて、その日の午後に応募した会社にすぎない。運命とはそんなもんだが、どんなことがあっても無我夢中やることで、納得のいく結果が得られると思う。(40代・男性・非氷河期世代)
  • 自分は将来こうなりたいという思いを持って、その時やりたいと思うことを中心に会社を探せばよかった。今考えると、何の目的をなく、会社のブランド、年収などで選んでしまった。(50代・男性・非氷河期世代)
  • バブルだったのであまり考えずにきめてしまい、現在、転職するにあたりスキルが足りず苦労している。手に職をつければよかった。(50代・女性・非氷河期世代)
Q7.もし今の時代に新卒で就職するとしたら、入社したいと思う企業はありますか?
あれば具体的な社名を1社と、入社したいと思う理由を教えてください。
  • ◆ 1位: Google
  • ◆ 2位: トヨタ自動車
  • ◆ 3位: Amazon
  • ◆ 4位: キーエンス
  • ◆ 5位: 三菱商事
Googleと回答した方の声
  • ソフトウェアにおける世界NO1企業だから。(40代・男性・氷河期世代)
  • グローバルな環境で最先端のビジネスを学べるから。(40代・女性・氷河期世代)
  • ハイレベルの仕事と会社のミッションが明確で現実的。(50代・男性・非氷河期世代)
  • 自由闊達な雰囲気と働く環境に惹かれるから。(30代・男性・氷河期世代)
トヨタ自動車と回答した方の声
  • 子供の頃から車が好きで自動車メーカーで働くのが夢だった。就職活動では叶わなかったので実現したい。(40代・男性・氷河期世代)
  • 自動車業界は、再編や合併など人員削減の話も聞こえるが、新しい時代の車を開発することは魅力的であり非常にやりがいがあると感じるから。(40代・男性・氷河期世代)
Amazonと回答した方の声
  • 世界で活躍することを視野に入れて若いうちからグローバル感覚を身につけたい。(50代・男性・非氷河期世代)
  • 全てにおいてスピード感があり大変魅力的な会社。また前例に捉われない考え方が望ましい。(40代・男性・非氷河期世代)
キーエンスと回答した方の声
  • プロフェッショナル人材を作る為の教育が素晴らしい。(40代・男性・氷河期世代)
  • 新卒は激しい競争社会で磨かれるべきだと考えるから。そこで得たものが生きるうえでの全ての基礎になると考えるから。(50代・男性・非氷河期世代)
三菱商事と回答した方の声
  • 人間力の育成に力を入れており、企業イメージも素晴らしい。この企業にて自分の能力発揮ができそう。(50代・男性・非氷河期世代)
  • 世界を舞台に活躍できること。それを通じビジネスに必要なスキルが数多く獲得できると考えるため。(50代・男性・非氷河期)
Q8.政府が進めている「就職氷河期世代支援プログラム」についてご存知ですか?
実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
第167回アンケート集計結果「「就職氷河期」について」。ユーザーアンケート集計ページ。エン ミドルの転職をご利用頂いたユーザーの皆様に「働くこと」「転職について」に関するアンケートを毎月実施。アンケートにご回答いただいた皆様には、抽選で豪華商品プレゼント。