転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2010/09/13

61歳という年齢、経済が停滞する関西圏での求職。ハローワーク、人材紹介会社に相談しても答えは全てノーでした。

ペンネーム : 好古校長(61歳・男性)
職種・ポジション : 経営戦略グループ グループリーダー
入社日 : 2010年6月28日
人材紹介会社 : 人材アシスト株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 1社
紹介を受け、応募した社数 1社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

リーマンショックの後、常勤監査役として働いていたが、大株主の要請で執行部(取締役常務執行役員)となり、経営改革を進めてきた。その結果、業績も回復の傾向が見え、2009年度下期には黒字化の見込みとなった。ただ、黒字化のためには、役員報酬等の大幅な削減も実行した。そのため社長を先頭に不満が噴出した。(従業員の半数の退職勧奨、賃金カットを実行した以上;全て私を除く役員が決定、実行したことであるが、己の身の保全のため役員報酬アップを要求してきた)

そんな時、突然私に取締役退任を社長が要求してきた。残った従業員のことを考えると身の切られる思いであったが、快く辞任に応じた。信頼関係のない会社で働く気持ちにならなかった。

転職活動と内定までの経緯

数ヶ月後に61歳になり、かつ関西圏(経済は極めて停滞)での求職は絶望的であった。ただ諦めず、ハローワーク、人材銀行(政府系)ならびに十社余りの人材紹介会社に登録したが、全て答えはノーであった。ハローワークにいたっては、ゴミ拾いでもしたらとの侮辱的発言も受けた(ただ40前後の所員に対し笑顔で応えたのを記憶している)

そんな時突然人材アシストの方からスカウトメールを受け取った。半信半疑で応じた。懇切丁寧な面談も実施して頂いた。面談後、10日ほどで相手先企業との面接を用意して頂いた。面接には、社長・常務が出席され、2時間半の面接で、相手先の社長から「一期一会」を大切にしたいとの言葉を頂き入社が決定した。「一期一会」の言葉は生涯忘れられないと思います。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

1)諦めない(特に年齢のハンデ)
2)自己研鑽を忘れない(私も浪人中は1日8時間は勉強しました)
3)悔いのない人生を送りましょう

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

人材アシストの代表政岡様には感謝の気持ち以外言葉もありません。また政岡様からは、入社直前にも貴重なアドバイスを頂きました。新しい職場で活躍することが、ご恩に報いることだと肝に銘じております。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「61歳という年齢、経済が停滞する関西圏での求職。ハローワーク、人材紹介会社に相談しても答えは全てノーでした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。