転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2015/04/28

年齢が六十才ですから転職は殆ど不可能とは認識していましたが、その通りな状況でした。殆どが、年齢不適合で書類選考を通過しませんでしたが、適職を求め、転居を覚悟して地域を広げて活動しました。

前職
職種:設計・開発エンジニア(機械・メカトロ)
業種:メーカー(自動車・輸送機器)
現職
職種:設計・開発エンジニア(機械・メカトロ)
業種:メーカー(電気・電子・半導体)
ペンネーム : 北斗(60歳・男性)
職種・ポジション : 家電商品の開発設計・副部長候補
入社日 : 2015年3月21日
人材紹介会社 : トーエイオフリール
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 4社
紹介を受け、応募した社数 15社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

・年齢的に最後の仕事となる筈でしたが、遣り甲斐が得られませんでした。
顧問職は、適切な指導・アドバイスが職務ですから、「笛吹けど踊らず」な環境では
どうしょうもありません。
幹部を指導しなければならない状況は、顧問の立場では失礼になり不可能でした。
改善・改革不可能な会社と判定して辞職しました。

・現役最後の仕事として、これまでに得た知識・経験が活かせる、求められる会社へと転職活動をしました。

転職活動と内定までの経緯

・年齢が六十才ですから転職は殆ど不可能とは認識していましたが、その通りな状況でした。

・あらゆる転職サイトを利用して、15社程度に応募しました。
殆どが、年齢不適合で書類選考を通過しませんでした。
面接案内は、わずか4社でした。行きたい会社はNG、乗り気のしない会社より面接案内が届きました。

・適職を求め、転居を覚悟して地域を広げて活動しました。
「INDEED」サイトより、このサイトに適職と思える案件が掲載されているのを知りました。
応募→一次面接→二次面接→約一か月で内定を得ました。
応募案件は、「品質管理職」でしたが、最終的には「開発設計職」での採用になりました。
最も私の経験に適合した職種です。
副部長候補での内定です。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

・転職活動は甘いものではありません。
なによりも本人の必死さが必要です。
60歳の私が転職できたのも、必死に転職活動に取り組んだ結果です。

・全ての希望を叶える転職は、不可能かも知れません。
上手く行かない場合は、我慢できる条件を捨てて臨むことも必要です。
私は職務内容を最も重視して、自宅通勤を捨て転居可としたために転職を成功しました。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

・お世話になり、有難うございました。
お陰様で、内定を得ることができました。

担当コンサルタントが同い年だっため、私をよく理解して対応して戴いたとのではと思っています。
私の質問・お願いに対しては、親切に対応戴きました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「年齢が六十才ですから転職は殆ど不可能とは認識していましたが、その通りな状況でした。殆どが、年齢不適合で書類選考を通過しませんでしたが、適職を求め、転居を覚悟して地域を広げて活動しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。