外資系企業を狙うなら!

英文レジュメのポイント

外資系企業、あるいは日本企業の海外部門への転職に必要な「英文レジュメ」。しかし、いざ書こうとすると「何を書けばいい?」「どのように書けばいい?」と頭を抱えてしまうことが多いものです。
ここでは、日々数多くのレジュメをチェックしているコンサルタントからのアドバイスをもとに、英文レジュメの基本的な作り方をご紹介します。あなたの英文レジュメ作成に、ぜひお役立てください!

Chapter
1
英文レジュメ作成にあたって、まず知っておきたいこと

Q英文レジュメでの書類選考の際に、採用担当者はどんな点を見ていますか?
A英文レジュメで選考するのは、人事だけでありません。採用部署の担当者・責任者など、現場の方が行うケースも増えてきています。彼らは、忙しい中で合否の判断をしているので「パッとみて、パッと判断できる」レジュメであることが重要です。キャリアの有無以前に、レジュメが冗長なことで書類選考を通過できないという話も、しばしば耳にします。
Q企業に提出する前に、見直しておきたいポイントは?
A一番は「ボリューム」です。

標準的な英文レジュメは、A4サイズの用紙で「1枚」。キャリアの多い方でも最大2枚とされています。和文の職務経歴書に比べてかなりコンパクト。和文の職務経歴書を英訳しただけでは、ボリュームが大きすぎることがほとんどです。

英文レジュメは、どちらかというと「履歴書」に近いものです。履歴書の職歴の欄に補足説明がついたものと考えるほうがいいでしょう。

ボリュームを減らす上で重要なのは「内容の絞り込み」です。
アピールしたい内容とは関連が薄い経験業務、資格などは削ってしまうことも大事。「あれもこれも」と盛り込みたい気持ちを抑えて、できるだけシンプルにすることが重要です。サマリーを入れるなどの工夫も良いでしょう。

「スキル」「実績」「入社後に貢献できる事項」「活用できる資格」

これらの項目を整理し、ロジカルな内容でシンプルにまとめるのがお勧めです。また和文の経歴書をそのまま訳すのではなく、英語として魅力的な言い回しに直すこともポイントの一つです。

Chapter
2
実際に、英文レジュメを作成する

英文レジュメに記載する項目の一例
  • Personal Data(個人データ)
    氏名、住所、電話番号、メールアドレス等
  • Objective(希望職種)
    応募する職種・ポジション、希望する理由
  • Work Experience(職歴)
    勤務先、職種、役職、業務内容、実績等
  • Education(学歴)
    学校名・所在地・学位・専攻・卒業年等
  • Special skills / Awards(特技、表彰実績)
    英語力、特筆すべき技能・表彰歴(希望職種に関連するもの)
  • Qualifications(資格)
    資格・免許(希望職種に関連するもの)
英文レジュメ作成のコツ!
コツ1まずは書いてみる、その上で整理する
英文レジュメの構成要素と、和文の履歴書・職務経歴書をもとに、まずは英文レジュメを作ってみましょう。この段階ではボリュームが大きくなると思いますが、それでも構いません。これをベースに、伝えるべきことの優先順位を確認して、情報をそぎ落としていってください。

また、項目の自由度が高いことも英文レジュメの特長です。例えば、Objectiveよりも、経歴の要約を冒頭に入れたほうが効果的であれば、置き換えても構いません。スキル・経験をアピールしたいエンジニアのレジュメでは、しばしば使われる方法です。
コツ2見た目の「統一感」に気を遣う
見ための美しさ、読みやすさを左右するのが「統一感」。
具体的には、こんな点に注意しましょう。
  • フォント(字体・太字細字・斜体)の使い方
    同じ位置づけの項目でも、バラバラになっていることがあります。
  • 職歴の年月の書き方
    最初に「1990/08」の表記だったのが、突然「Aug-2000」などに変わっているケースがあります。職歴が多い方は要注意です。
  • インデント(字下げ)
    担当者によっては、インデントのズレを気にされる方もいらっしゃいます。意識して揃えておくのがいいでしょう。
コツ3ツールを活用する
例えば、MicrosoftのWordにある以下の機能も便利です。
  • スペルチェック
    「スペルチェックと文章校正」機能を用いると、スペルミスの指摘と変換候補の提示画面が表示されます。スペルミスのある英文レジュメは意外に多いです。ぜひ提出前にチェックしてください。
  • 類義語辞典
    同じ単語が高い頻度で出る場合、変化をつけるために類義語を使うのも有効です。類義語を見つける際に、Word の「類義語辞典」が便利です。
また、レジュメの表現をより魅力的にするための「Action Words」という単語リストがあります。このリストにある単語を使えば、同じ実績でもより魅力的に表現することができます。検索サイトで「Resume Action Words」で検索すると、様々なリストが出てきますので活用してみてください。
英文レジュメのサンプルもチェック!
面接につながる英文レジュメの作成を!
職務経歴書作成で大事なのは「読み手(求人企業)の立場で、必要な情報を記載する」こと。これは、英文レジュメでも同じです。求人情報・企業情報の収集・研究はしっかりとおこない、ポイントを押さえたレジュメを作りましょう。

また、外資系企業を得意とする人材紹介会社には、企業への提出前にレジュメのチェックをおこなってくれるところもあります。人材紹介会社も活用して、よりアピールできるレジュメを作成し、面接につなげてください!
これらの項目を整理し、ロジカルな内容でシンプルにまとめるのがお勧めです。また和文の経歴書をそのまま訳すのではなく、英語として魅力的な言い回しに直すこともポイントの一つです。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職成功者続出!履歴書対策「英文レジュメのポイント」ページ。高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。職種・業種別の職務経歴書のコツをコンサルタントによる解説&サンプル付きでご紹介。