転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2010/09/02

中高年の厳しい転職事情、希望職種が多いとは言えない現実。転職活動の途中で、何度も妥協しようと迷いました。

ペンネーム : おまつり太郎(52歳・男性)
職種・ポジション : マーケティング  マネージャー
入社日 : 2010年8月1日
人材紹介会社 : リソウル株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 10社
紹介を受け、応募した社数 2社
転職活動期間 約6ヶ月

転職理由

◆私は電機・機械メーカーで消費財に近い製品の商品企画、B2B営業、新規事業企画などをバックボーンとした上で、新しい事業所での新規事業立ち上げやブランドマネジメントに取り組んで来ました。

直近の仕事では、消費財の対極にある「部品」メーカーで 経営層と共に色々な問題発見や解決に奔走しておりました。 私は、『得意な取扱製品』 『得意な顧客(業界)』への再挑戦を思い描いていた一方で、年齢を考えた場合、中小企業向けの新しい形の新規開拓営業を専門とする事業の立ち上げも構想していました。 

◆そんな時、人材紹介会社のご担当者が、電話インタビューの中で、私のジレンマを実にうまく聞き出してくださいました。『得意な製品・業界』について高いマッチング度を感じて転職を決意しました。

転職活動と内定までの経緯

◆苦労(企業と応募者の誤解)…「マーケティング」「新規開拓」は、企業側の悩みが深い分、即戦力への期待度も高いものがあります。 その仕事の中身や進め方は非常に重要なものであると同時に、形になりにくい(雲を掴む様な仕事)と受け取られる事もあり、それは企業の取扱製品(完成品か部品か)、販売チャネル(顧客ダイレクトか 代理店経由か)などによっても変化します。

例えば『マーケティング活動』という定義ひとつを取っても、企業によって大きなギャップが有り、私もそれに苦しみましたので、常に補正が必要と思います。(同様に、エンジニアであれば「開発」の意味、デザイナーであれば「デザイン」の意味は、企業による大差を感じます)

◆工夫(得意な製品、得意な業界)…マーケティング系の仕事は守備範囲が広く、かつ漠然としている面もありますので、入社後のカルチャーショックを減らす為に、製品と業界にこだわりました。 キャリアシートだけでは前職での製品と業界のイメージだけが強調されますので、その点を工夫しましたが、幸運にも私の場合は、人材会社の電話インタビューでフォローアップ頂けました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

◆製造業での商品企画、マーケティング系、新規開拓系の仕事は、決して案件も多いとは言えないと感じます。しかしながら、この混迷の時代だからこそ、各社が模索し苦悩している「経営の悩みそのもの」に直結する案件が中心とも言えます。

中高年の転職という厳しい問題の中で、私の場合幸運にも「人材会社の方の目に留まった」わけですが、安易に妥協せず、「こだわり」を持つ事は必要と振り返ります。私の場合は「得意な製品・業界」でしたが、転職活動の途中で何度も妥協しようと迷いました。また、最悪の場合に如何に前進するかという選択肢を持つ事、英語(国際語)へのアレルギーを持たない事は、これからも維持したい点です。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

◆現在のこのような厳しい市況、中高年の転職という難しいテーマの中で、おそらく一生忘れる事のない電話インタビューでのマッチング確認を頂きました。また、公開前の案件であったため、企業側と求職者の情報接点は ピンポイントであったと思いますが、キャリアシートなど、見つけて下さった事に心から御礼を申し上げます。

また、紹介頂いた事に恥じない様に この年齢であっても謙虚に自分をブラッシュアップする姿勢を持ち続けるべしと再認識しています。ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「中高年の厳しい転職事情、希望職種が多いとは言えない現実。転職活動の途中で、何度も妥協しようと迷いました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。