転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/05/28

50代前半の現在が転職の限界と思い、転職を決意しました。

ペンネーム : グランパ(51歳・男性)
職種・ポジション : コンサルタント
入社日 : 2007年5月1日
人材紹介会社 : 横河ヒューマン・クリエイト
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 13社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

個人活動での限界(営業と開発の両立が難しく安定した受託が出来ない)を感じた事と、自分の持っている基礎技術を伝える事を考えて、50代前半の現在が転職の限界かと思い転職を決意しました。

年齢的に転職できないかもしれないという不安を持ちながら、ミドルの転職で転職活動開始しました。

転職活動と内定までの経緯

2月から年齢的な問題点をクリアーできると考えた人材紹介会社13社に依頼を開始しましたが、ほとんどが紹介まで行かず、対応できない主旨のメールをもらい終了していました。

そうする中、3社から面接の段階までの案内が続き面接を行うことができました。が、条件面での合意が取れず、最初の会社は不採用。最終的、2社での同時活動となりました。

1社は技術面接が終了した段階で内定をいただき、もう1社の条件提示を待つ段階(役員面接)まで待っていただいたが、結局その会社は募集内容との違いが生じ条件面での合意がとれなかったため、最初に内定をいただいた会社に内定受諾を行いました。

内定条件時には判明していなかった好条件ので受諾となり、人材紹介会社のがんばりが相当あったのだと思います。人材紹介会社との付き合い方ひとつや、人材紹介会社の姿勢によりずいぶんと違った結果になることがわかりました。

年齢的な問題は、技術的な表現(職務経歴では、共通した技術を強調すると共に概略と詳細の経歴書も作成)を工夫すると共に、面接で十分にアピールできる内容に絞りこんで対策を考えました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

条件が合わない案件に多数応募をするよりは、条件の吟味が重要となると思います。同時に、人材紹介会社にも向き不向きがあるので、扱っている求人内容との総合判断が大事だと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

条件的には当初考えていた内容より数段好条件で提示され、大変ご苦労されていた事が十分に伝わりました。今回の転職活動は初めてでは無かったのですが、職務経歴書等の指摘等、十分な指導をいただき本当にありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「50代前半の現在が転職の限界と思い、転職を決意しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。