転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/05/21

50歳を超えても地道にがんばれば、必ず道は切り開かれると感じました。

ペンネーム : やったね七転び八起き(52歳・男性)
職種・ポジション : サプライチェーンマネージメント/ グループリーダー
入社日 : 2007年4月20日
人材紹介会社 : 渋谷人材
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 10社
紹介を受け、応募した社数 28社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

前回はIターンで地方へ転職をしました。しかし、その会社が外資のM&Aにより、今年の初めに急遽、私が所属していた部署の縮小を打ち出し、会社都合により解雇されました。

この地域で自分の希望職種であるサプライチェーン関係、生産管理関係(私は技術者ではありません)を探しましたが、なかなかよい企業が見つからず、単身赴任を決意しました。自分の年齢も考え、転職状況が厳しいことを念頭におき全国・海外と探し、また年収も2重生活を保てる最低額750~800万円を超えられる会社を探しました。

転職活動と内定までの経緯

まず、佐久という場所であるため長野県内で探しても、通える範囲がないと言うことに困りました。また、地元のハローワークへ行っても、対応が都会と比べ求職活動を助けてくれるレベルが低いことに閉口すると同時に、自分の希望する仕事が探せるか不安になりました。

最近、人材紹介会社を通じ転職した友人の助言もあり、経歴書の作成を始め、各Siteへ登録をしました。そして、2月中旬より人材紹介会社の反応が出てきました。

しかし、長野の場合、管轄が名古屋支店の場合が多く、実際は交通機関的にも東京が近いのに…と考えておりましたが、名古屋のコンサルタントの方が親身になり、できるだけ近いところを紹介していただきました。また、インタビューも全て電話で行っていただき、経済上の理由も隠さず相談したところ、時間がかかるかも知れないが、頑張りましょう!といってサポートしていただきました。

最終的に、その人材紹介会社で紹介された企業へは、転職しませんでしたが、懇切丁寧に全ての転職活動の相談にのっていただけたことが、今回の早い転職に結びついたと思います。自分をさらけ出し本音を話せるコンサルタント(JAC)にめぐり合えたことが私の最大の成功でした。何度書類選考に落ちても、めげずに再チャレンジし、面接模擬も受け、面接での注意点をインプットできた点も転職につながったと思います。

離職していると精神的不安が募りますが、コンサルタントの方はそれを毎回かき消し、私を常に励まし勇気をくれました。そのコンサルタント方がおっしゃった言葉で、"求職する方は、わがままでも良いですよ"といわれた言葉が今でも印象に残っています。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

中高年の事務系職種は、50歳を超えると経理職以外は非常に少なくなりますが、まずは毎日ネットで情報を集め、応募してコンタクトをとることから始めるのが大事と思います。

私の場合、書類選考で落ちることも多かったのですが、前向きに考え次の応募へと進んでいくこと・自分に自信を持っていくことが大切だと思いました。自分の経験した職種を細かく書き出してみると、自分がやってきたことに自信がもてるようになります。その自信も面接の際の明るい表情につながっていくので、人材紹介会社にまかせっきりにするのではなく、自分自身の見直しもする必要があると思います。50歳を超えても地道にがんばれば、必ず道は切り開かれると心底感じました。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

渋谷人材様には、紹介していただいた企業の募集年齢が12も低かったにもかかわらず、最終的に面接・合格まで導いていただき本当に感謝しています。

また、それ以外の人材紹介会社でメイツ、JACの方々にも面接及び合格まで手助けいただき感謝しております。ただ、一番良く分かっていただき対応していただいたJACコンサルタントの紹介企業へ転職しなかったことには申し訳ないと感じております。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「50歳を超えても地道にがんばれば、必ず道は切り開かれると感じました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。