転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2016/08/30

職歴は可能な限りシンプルな物がベスト

前職
職種:営業マネージャー・管理職
業種:メーカー(電気・電子・半導体)
現職
職種:営業マネージャー・管理職
業種:商社(その他)
ペンネーム : tg(54歳・男性)
入社日 : 2016年3月15日
人材紹介会社 : 株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー 東京本社
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 6社
紹介を受け、応募した社数 50社
転職活動期間 約1年2ヶ月

転職理由

前職は外資系の電子部品メーカーでしたが、激務による体調の悪化に加え、海外(東南アジア)の設計・品質サポート部門の対応の悪さやモチベーションの低さに失望していました。転職には相当難しい年齢になっていることは十分に理解していましたが、上記理由により退職を決意しました。

転職活動と内定までの経緯

50代になるとネットでの転職サービス経由で書類すら通らないとか、SNS系での直接応募では返信でさえ来ないという状況が長く続きました。正直、職務経歴書の内容を吟味する事は大変面倒なものですが、頻繁に内容を見返してみることが重要ではないかと思います。

面接までこぎつけるチャンスは何度かありました。中には圧迫面接に近いようなケースもあり、分かってはいたものの、どうしてもちょっと熱くなってしまいロストしたケースもありました。私の場合、何を揺るがぬプライオリティにするのかという点でブレがあったのが長期化の原因でもありました。

活動中盤で、十二分に経験のある業種の会社で内定を頂けそうな状況だったのですが、給与面で折り合いがつかず辞退してしまいました。結局そこより下の年俸の同業種の会社に決まりました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

職務経歴書は主観で見るとよく書けているように見えてしまいます。一生懸命考えて書いているから当然です。

私の場合一時は採用する立場にもありましたので、その目線から振り返りますと、可能な限りシンプルな物がベストです。実績やスキルを細かい字で羅列しても、最初の書類選考者のツボにはなかなか入りません。求人情報の要求に最も合致する1~2点が選考者の目に飛び込むような作りにしておくほうがベターだと思われます。また、前述しましたが面倒でも頻繁に内容を見返して、少しずつでも推敲し続けるのがいいと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

紹介を受けた時の求人内容が、エンジニア募集だったため、営業畑オンリーの私は断ろうとしました。コンサルタントさんから、でも技術力があるからダメ元でエントリーしてみてはいかがですか?と言われ、エントリーをお願いしたところ、エンジニアと並行して人材を欲しがっていた営業のほうで採用して頂ける事になりました。あそこでエントリーを進めていただけた事を奇跡的に思い、感謝しております。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「職歴は可能な限りシンプルな物がベスト」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。