転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2015/09/08

61歳という年齢で転職活動を開始。スカウトの目に留まるために職歴を工夫しました。

前職
職種:その他、経営・経営企画・事業企画系
業種:商社(化学・石油・ガラス・セラミック・セメント)
現職
職種:経営者・COO・経営幹部
業種:商社(住宅・建材・エクステリア)
ペンネーム : サワデイ(61歳・男性)
入社日 : 2015年7月1日
人材紹介会社 : サーチファーム・ジャパン株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 6社
紹介を受け、応募した社数 2社
転職活動期間 約8ヶ月

転職理由

60歳で役員定年となり、顧問として仕事上のアドバイスをしていたが張合いがなく、かつ給与は1/3となっていたためモチベーションが上がらなかった。
国内外での自分の営業経験や知識を他社で発揮したいと考えた。

転職活動と内定までの経緯

5-6社の人材会社に登録し、メールで送付される募集要項をみても年齢制限でほとんど応募することができなかった。たまに年齢不問の企業に応募したが書類選考で落とされ
面接にも進めない状況が半年間続いた。

職歴書の書き方でスカウトや人事担当の判断が変わるとの記事を読み、リクルート会社のホームページで勉強した上で書き直しを実施した。海外での会社設立・経営した経験を強くアピールした内容に変更したところ、1-2ヶ月で2件のヘッドハント会社からスカウトメールをいただき、オファー企業の社長面接を受けさせていただくことになった。

両社とも話が弾み、面接翌日に採用したいとのお話をいただけた。結局小生の希望する東南アジア現地法人設立・会社運営をオファーしてきた企業に入社することとなった。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

世の中景気は良くなってきており若者の雇用は増えてきましたが55歳以上の求人はホントに少ないです。

そうした中でスカウトの目に留まるためには職歴の書き方が大変重要だと思います。ただ担当した仕事を羅列するだけでなく、苦労したことや自身の成長を感じた点を分かり易くかつ見やすく記載することがヘッドハンターの目に留まるコツだと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

この年齢で希望の職業や収入を得られる企業にご採用いただけたのは良いタイミングで良いコンサルタントと出会えたおかげです。
最初の面談から最後の詰めまで同行いただき、親身になって小職の希望を条件を折衝いただき大変感謝しています。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「61歳という年齢で転職活動を開始。スカウトの目に留まるために職歴を工夫しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。