転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2014/11/04

わずか入社半年で、米国本社の戦略・組織変更によって自組織がなくなり、仕事内容が大きく変わることに。仕事へのモチベーションを維持するために、再転職の道を選びました。

ペンネーム : タジ(52歳・男性)
職種・ポジション : クラウドソリューション 部長
入社日 : 2014年7月7日
人材紹介会社 : 株式会社アドバンスフューチャー
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 20社
紹介を受け、応募した社数 6社
転職活動期間 約6ヶ月

転職理由

外資系勤務先の米国本社の戦略・組織変更により、自組織がなくなることがわかり、入社時に担当するとしていた仕事内容が大きく変わってしまうことがわかった。わずか入社半年ではあったこともあり、再出発をするには自分自身の仕事に対するモチベーションを維持する上で転職が必要と感じた。

転職活動と内定までの経緯

50過ぎという年齢により、いろいろと応募はするものの、紹介会社各社からは返信すらないことも多く、書類でも難しいという回答がほとんどであった。
英語は必須ということでそのレベルアップに努めながらも転職活動と同時に、最悪も想定し、個人事業としてファランチャイズ出店の研究も並行した。
半年の間で具体的に企業の面談に到達したものは3件だけで、企業側の書類審査で落とされたり、途中の2か月は全く何もないという時期もありかなり苦しかった。
昔の営業時代のお客様の紹介で一社お会いしたところすぐオファーをいただいたが給与面での課題があり悩んだが、あと1週間と回答期限を迫られた6月中旬になると、何故かWEB掲載案件、未掲載も含めて紹介が突如として毎日数件連絡を頂くようになった。
そのうちの一社に関して面接の日程連絡を外出先で携帯に受けたが、前記の内定していた会社への回答期限後であるため無理と回答したところ、今から30分後の面接はどうか?という連絡が再度入ったため、全く準備もなく訪問し副社長訪問になった。
その面談後、副社長が他の関連役員に声をかけていただき、たまたま近くにいらしたため招集がかかって夜遅くまで面接、翌日には過去の上司、部下など関係者への電話インタビュー、テストがなされ、午後にはオファーを頂くという、お会いしてから24時間かからないという急展開であっけにとられた。
最終的には希望に合致、縁の力も強く感じ、決めたわけだが、その翌日には別の会社ではあるが、偶然会った昔の部下の口利きで同じような急展開でオファーをいただくことになり、それまでの半年は何だったのかと不思議なほどの変わりようであった。
ある程度のポジションであると、時間がかかりがちであると説明も受け、思いこんでいたが、トップからの話であるとあっという間に決まるわけで、色々な意味で人脈の力を痛切に感じる転職活動であった。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

何をしたいかなど自分の計画を明確にせよなどとよく言われるが、これは若い人には通じるものの、あまり幅を狭めるとある程度の年齢以上では可能性を狭めるリスクがある。
どこで何につながるかわからないので幅広にアンテナをめぐらす必要があり、
縁、タイミングしだいで、いつ何が発生するかわからないのでその準備の上であきらめずに地道な活動をすることに尽きると思う。
紹介会社も、過去の経歴を文字ずらでとらえて判断するところも多いので書き方や説明の仕方には注意が必要。
小生は代表取締役経験があったがために、いくら説明してもラインマネジメント以外はなかなか紹介してもらえないようなこともあり逆に苦労した。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

残り検討時間は数日しかないという時に、諦めず企業側キーパーソンのスケジュール調整の上、面接のセッティングをお願いしていただけたクイックアクションに感謝しております。
私も驚きましたが、1日であっても何が起きるかわからないですね。

転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「わずか入社半年で、米国本社の戦略・組織変更によって自組織がなくなり、仕事内容が大きく変わることに。仕事へのモチベーションを維持するために、再転職の道を選びました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。