転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2009/11/30

転職活動に本腰を入れた頃に“リーマンショック”が…。時にはまったく紹介案件も来ず、強い閉そく感を感じました。

ペンネーム : ipsm_s(40歳・男性)
職種・ポジション : 総務部 主任
入社日 : 2010年1月12日
人材紹介会社 : 株式会社経理秘書
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 38社
紹介を受け、応募した社数 20社
転職活動期間 約2年

転職理由

前職には、上場企業における投資家対応の経験(株式・IR)を買われ、即戦力として採用されました。実際に入社すると、IPO直後の企業特有の事情があり、株式・IR関連の経験者は皆無であり、その中で自身の経験を大いに活かし実務を取り仕切ってきました。

しかし、会社の上場が投資ファンドの出口戦略によるといった特殊な経緯があり、現実的には会社が投資ファンドの管理会社的な状況下にありました。自分としては積極的なIR活動(ステークホルダーに対する積極的な情報発信)により、中長期的に企業価値を高めていくことを志していたのですが、結果的に仕事は“上場維持のため”の枠を出ず、将来に向けたキャリアビジョンが描けなくなってしまいました。

約2年、様々な葛藤の中で考え抜き、年齢的に40という節目にさしかかったこと、また将来、人生を振り返った際に後悔したくないといった信念をもって転職を決意し、活動を開始しました。

転職活動と内定までの経緯

実際に活動を開始すると、管理部門系経験者の人材市場は想像を上回る厳しさでした。当初はさほど本格的に活動せず、紹介会社からの案件も、本当に意中のものしか応募していませんでした。ただし、活動が約1年経過しても思うような進展がない…といった焦りが出てきて、いよいよ本腰を入れた頃に、例の“リーマンショック”を背景とした未曾有の大不況が日本経済を襲い、人材市場は更に厳しさを増していったのです。

そういった状況下、時にはまったく紹介案件も来ず、漫然と月日が流れていくことに強い閉そく感にさいなまれることも多く、辛い日々が続きました。そして、活動も2年近くなった頃、紹介会社よりいただいた1件のスカウトメールがすべての流れを変えてくれることになったのです。応募すると、何かの縁があったかのように書類選考をすんなり通り、3回の面接機会をいただき、応募多数の中、トータル2カ月弱の活動でついに内定をいただくはこびとなりました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

よく“あきらめずに”などと言われますが、思うような進展がないときの焦り・辛さは経験者でなければ分からないものです。活動を振り返って強く感じるのは“数少ないチャンスを捉える”ことの大切さです。波に乗れないときには、いくら焦ってもダメです。でも、きっとチャンスは訪れます。それは、ある時突然に届く1通のスカウトメールかもしれません。あるいは、紹介会社の担当者との運命的な出会いかもしれません。とにかく、“チャンスだ”と思ったら、ためらわずに攻めることです。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

常に登録者の目線に立ち、時には緊張や焦りまで共有していただき、終始献身的に対応していただいたことに対し、心より感謝しています。
約2年の活動を振り返ると、やはり、自分ひとりの力では乗り越えられない壁もあると痛感しました。内定のご縁に心から感謝し、入社後は恥ずかしくないように頑張ることこそ、紹介会社(ご担当者)への恩返しであると思っています。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「転職活動に本腰を入れた頃に“リーマンショック”が…。時にはまったく紹介案件も来ず、強い閉そく感を感じました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。