転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/03/19

自信を失いかけたとき、どうせなら高い条件を勝ち取ろうと気持ちを入れ替えました

ペンネーム : まー(41歳・男性)
職種・ポジション : 開発営業職・担当部長
入社日 : 2007年2月21日
人材紹介会社 : アエルコーポレーション
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約7ヶ月

転職理由

前職は外資系損保会社で法人営業をしておりました。その前は、法人営業職を17年間行っておりましたが、毎日の飛び込み・テレアポによる見込み客の開拓という損保会社での提案型の営業スタイルが全く肌に合いませんでした。

そのため、業績不振で1年で首になりました。生活の為には8か月の失業保険給付期間にどうしても次の職場を決めなければならないと奮起し、転職活動を始めました。

転職活動と内定までの経緯

メーカー系・商社系の営業職の紹介を頂き数社の面接に臨みましたが、「40代の営業マンに求められるスキルは、管理職としての実績が必須。」「年間数億円の売上を組織営業で挙げていたとしても、あまり魅力は感じない。」など、人事担当からの不合格のコメントは大体そんな感じでした。

「自分のキャリアはそんなに価値がないのか?」と、だんだん自信を失って行きました。昨年末には「もう派遣でもいいか。」と派遣サイトにも登録したほどです。

そんな中で、「en転職コンサルタントのハイクラス求人」を覗いたのが今回の転職成功のきっかけでした。以前、何回か他のサイトでコンサルタントに会っていましたが、結局紹介は頂けず行くだけ無駄と思っていました。しかし、どうせ厳しい活動なら高い条件を勝ち取ろうと気持ちを入れ替えました。そんな時、大手流通グループ系商社で「BtoB」の新規ビジネスの立ち上げスタッフの求人を見つけ、前職に近いものを感じました。

いつものようにコンサルタントの方に会いに行った処、誠実そうな初老の方で、気楽に自分の事を話せました。1時間程話した処で、「よし、社長の処に行きましょう。」と、信じられない言葉を聞きました。(相手は上場会社、いきなり社長面接?)しかも、「私もご一緒します。」とのこと。今回の活動で初めて聞いた力強い言葉でした。

1月29日に社長面接。コンサルタントの方も同席してくださいました。相手は社長と管理担当常務。1時間ほど気楽に社長の新規事業への取り組みのお話を伺ったあと、「それで何時から来れる?」「役職は担当部長格で。」「年度変りの2月21日から待っているから。」といったお言葉をいただき、本当に信じられない状況でした。

終了後、コンサルタントから「絶対に社長に合うと判断していた。良かったですね。頑張って下さいね。」と、一緒に喜んで頂いたのが本当に印象的でした。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

気に入った案件はどんどん応募するのがいいと思います。コンサルタントと何度か話す事で、職務経歴書の工夫の仕方、面接での心構え等、多くの貴重なスキルを身につけられます。

決して自分を卑下しては行けません。必ず今までのキャリアを活かせる仕事に出会えることを信じて動いて、会って、聞いて、話して見て下さい!

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

今回は本当に貴重な体験をさせて頂きました。面接に同席頂けるほどクライアントに信頼される人間性の素晴らしさに感動しております。本当にお世話になりました。

これからも仕事に悩む多くの友人・知人をご紹介させて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します。ご自愛され少しでも永くご活躍される事を心よりお祈り申し上げます。有難うございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「自信を失いかけたとき、どうせなら高い条件を勝ち取ろうと気持ちを入れ替えました」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。