転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2016/01/12

日系企業に加えて外資系企業にまで視野を広く持った結果、選考基準の違いが激しく、戸惑いました。

前職
職種:設計・開発エンジニア(電子回路)
業種:メーカー(電気・電子・半導体)
現職
職種:設計・開発エンジニア(電子回路)
業種:メーカー(電気・電子・半導体)
ペンネーム : こはぶ(42歳・男性)
入社日 : 2015年10月1日
人材紹介会社 : エンワールド・ジャパン株式会社
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 2社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約6ヶ月

転職理由

前職のリストラ、早期退職制度が2度もあり、それをきっかけにこのままではまずいと考え、転職活動に至りました。
また、40歳を超えており、異業種、地域、そして、日系企業に加えて外資系も検討に入れて、視野を広く持つようにしました。

転職活動と内定までの経緯

1月からスタートして内定は7月末に頂きました。
活動当初、日系メーカーで知財系の会社を2社ほど受けました。
そして、3月末からエン・ジャパン様の案件で2社ほど、外資の設計者案件を受けました。

この際、書類作成や面接対応など、全く異なり、エン・ジャパン様の案件の対応にあたっては、
かなり修正、というか、リセットが必要でした。

日系企業は、これまでの実績、今後の意気込み、そして人をマネージできるか、という観点です。
一方、外資は、いますぐに、具体的に貢献できることを示す必要があります。

書類も、日系企業は3枚くらい、ぎっしり丁寧に、時系列で作成しましたが、
外資は、基本、一番得意なことを集中的に説明できるような構成、かつ、A4一枚で勝負できるように心がけました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

異業種、日系、外資など、ある程度、カテゴライズ、分類して、優先順位をつけて攻略するのがいいと思います。

ミドルの転職だと、現在の会社がリストラ状態だと、その仕事自体、同じ地域では厳しい可能性があります。
その場合、地域(外資、欧米も見る)をかえるか、業種をかえるといういった対応が必要になると思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

40歳も過ぎて、回路設計者として、プレーヤとして、やっていくのはもう難しいと考えていましたが、極めれば、まだまだ自分の仕事にも可能性があることを教えていただけました。この機会を活かして、自己研鑽に励み、会社で成果が出せるように取り組みたいと思います。

どうもありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「日系企業に加えて外資系企業にまで視野を広く持った結果、選考基準の違いが激しく、戸惑いました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。