転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2015/12/15

エージェントを見極めることは重要。応募を勧められても、意欲がない案件への応募は控えた方が懸命です。

前職
職種:経理
業種:電気・ガス・水道
現職
職種:管理部長
業種:人材ビジネス
ペンネーム : なぁーちゃん(46歳・男性)
入社日 : 2015年8月10日
人材紹介会社 : ヴォケイション・コンサルティング株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 8社
紹介を受け、応募した社数 8社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

近い将来の事業リスクに備え、経営改革メンバーとして採用されました。
しかし、法律で売上・利益が守られながら「ぬるま湯」に50年以上浸かっている企業において、経営陣をはじめ、危機感や改革心を持つ従業員はおりませんでした。

会社貢献を念頭に業務に従事している身としては、労を惜しみ、出勤して目の前の業務をこなせば良いというスタンスが合わず、ストレスを抱えておりました。

転職活動と内定までの経緯

人材紹介会社を利用して転職活動を行うにあたって、最も重要なポイントは、人材紹介会社(場合によっては、エージェント)を見極めることだと思いました。

「コンサルタント」という肩書で、案件の紹介や求職者の面談等を行うも、スキルが低く、時間だけを無駄にしたと感じさせる方が多かったように感じます。
紹介案件について何も確認しておらず、質問しても「わからないので、面接時に直接質問してください」等の回答ならまだしも、テキトーな回答を真に受けて面接に臨み求人企業から笑われたこともありました。

また、応募者を見繕って「はい、この中から選んでください」と自社の手数料のことしか考えていない紹介会社が多いように感じました。求人企業・求職者のマッチングは、双方の責任と考えているのでしょう。実際にそのように対応された、大手紹介会社もありました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

上述のとおり、求人企業とのしっかりとしたパイプを持っている紹介会社でなければ、ハローワークの窓口と変わらないと考えた方が賢明です。

また、求職者に応募意欲がない案件であっても、「数多く応募した方が良い」と仰るエージェントがおりますが、ご自身が望む企業でなければ控えた方が賢明です。
その理由は、上述したとおりです。
求人企業の代表者とのパイプを確立されている、ヴォケイション・コンサルティングをお勧めします。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

ヴォケイション・コンサルティング株式会社の中西 浩太 様には、心より感謝をしております。

質問に対する正確な回答、有益な情報だけでなく、励ましをいただいたおかげで、転職に成功致しました。
ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「エージェントを見極めることは重要。応募を勧められても、意欲がない案件への応募は控えた方が懸命です。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。