転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/09/14

退職日を決め、短期決戦で望んだことが良い結果につながったと思います。

ペンネーム : 大工さんになりたいっ!(40歳・男性)
職種・ポジション : 経理
入社日 : 2006年10月1日
人材紹介会社 : エイドエイム
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 7社
紹介を受け、応募した社数 15社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

5月
詳しい説明のないままに春の定期年俸改定があり、自己想定の最低ラインに届かなかったことがきっかけのひとつでした。恒常化した超過勤務(月間250時間超)を続けてきたことにより抱え込んだ仕事上・家庭上様々な問題と、勤務先会社の将来性・今後の心身へのリスク等々を本格的に考え出しました。

6月
株主総会までは責任を持って職務遂行を果たしたものの、現況ではもうひと頑張りしようと思う気力が湧いてきませんでした。

7月
30代最後の月でもあり仕事も一区切り付いたところで、転職を決意し[en]転職コンサルタントに登録。

転職活動と内定までの経緯

7月上旬
自分としてケジメを付けるため、転職活動開始と同時に現職退職の意向を会社へ伝え、退職予定日を9月末日と決めました。[en]へ登録したWeb履歴書は、二晩かけて念入りに作成し、自分のセールスポイントが過不足なく採用担当者へ伝わるように、文言・レイアウト等を工夫しました。

7月中旬
スカウトメールの届いた順に面談の予約を入れていきました。時間は就業後に限られるため、7社目でスカウトはストップし、登録したエージェントさん達に第一ラウンドの運命を任せることに決めました。うまく進まなかった場合は、一ヵ月後に再登録をしようと考えていました。

7月下旬~8月上旬
予定の合ったところから順次面談~案件紹介~書類審査申込~一次面接~と話を進めていただき、一次面接へ進めていただいた案件が5社。うち2社は辞退しました。

8月中旬
二次面接3社を通過し、志望順位と処遇条件の自己希望を決めました。第一志望先の役員面接を終え、希望額以上の条件提示を頂いたため、他2社は結果を待つことなく辞退を申し出、第一志望先の内定を承諾しました。

転職は、結局‘ご縁’のもであると思うから、時間をかければ良い所にめぐり合えるというものでは無いと思います。自分の望む環境・条件を明確にして、前向きに短期決戦で望んだことが良かったと思う。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

上向きな就労意欲があるのなら、退路を断って短期決戦で望んでみてはいかがでしょうか?私は扶養家族を3人と3匹抱えていますが、現職を続けながらの転職活動は考えませんでした。それにより、向上心をもって新しい職場で働きたいという意欲を前面に出せた面もあるかと思います。(今より良い会社があったら・・・という堅実な方や、無職・無収入になることへの心配が先立つ方にはお勧めしませんが。)

エージェントさんとの面談を、実際の面接試験に生かすことが大切です。自分の過去を決算し、将来の自分の事業計画を立てることに協力して下さいます。この時、波長が合ったエージェントさんと出会えたら、心底信頼することも大切かと思います。

もちろん成否の鍵は、全てあなた自身であることを忘れないで下さいね。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

広田さんには大変お世話になりました。
一時間足らずの面談で、まだ話していない趣味嗜好まで見抜かれたようで、紹介していただいのはどちらも「是非入社して、会社を盛り上げたい!!」と思うような会社ばかりでした。特に、第一志望として入社決定した会社さんを、タイムリーに紹介して頂けたことに対して、ただただ感謝しております。ありがとうございました。

その他にも、最終的には辞退するという残念な結果になってしまいましたが、よくしていただいたエージェントの皆さんにも、お礼申し上げます。自分の考えをまとめる上で、とても勉強になる方々でした。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「退職日を決め、短期決戦で望んだことが良い結果につながったと思います。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。