転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2015/10/13

集中して転職活動をしていると自分のことしか考えられなくなる時期があります。このような時こそ、周囲の家族や職場の人などへの心遣いを。

前職
職種:その他、コンサルタント系
業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
現職
職種:人事
業種:フード・レストラン
ペンネーム : P10(40歳・男性)
職種・ポジション : 人事・採用担当
入社日 : 2015年4月1日
人材紹介会社 : 株式会社キャリアファーム
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 7社
紹介を受け、応募した社数 30社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

2年前から会社の方向性が変わり、今後の会社の方向性に疑問を感じたため。

<その背景>東日本大震災後、建築技術者不足になることで、受験対象となる方々が多忙になり、そのため勉強できなくなる環境により、受験者が減少。受験者が減少したことで、受講者が減り、売上が下がる状況が発生。目先の売上に走るため、種を蒔く受験啓蒙をせずに、実を摘み取る刈り取りの方向に変化してしまう。

単独での営業であれば可能ではあるが、チームワークを育てていく環境ではなくなってしまった。5年後10年後を考えた時に、この状況では先は厳しいと感じたため退職を決意。

転職活動と内定までの経緯

転職活動には序盤・中盤・終盤の3つの流れがありました。
もっとも苦労点は序盤で、なかなか希望する企業に巡り合うことができずにいました。

打開するための工夫した点として、自身のハードルを下げ、経験の活かせる応募できる求人は応募するようにし、面接慣れをして自信をつけることを目的とする工夫をしました。そうすることで、自然と自分で活かせる引き出しが増え、面接で緊張することが少なくなりました。

中盤では面接慣れしてきて、自分で頑張ってできる仕事かできない仕事かの選別もつき自信も出てくるので、内定を頂いても辞退できる勇気を持つことができました。この状態になると就活が楽しくなってくるので、ますます良い波がくるので調子が乗ってきます。この時期に決めていけるようにできたのが成功できた部分だと思います。

失敗談としては、精神が乱れている時は良い自分が発揮できないので、面接官やエージェントとも会話や雰囲気がかみ合わないことがありました。終盤は疲れが生じてくるので、できる限り精神を落ち着かせるために、良く寝て良く食べ良く笑うことを心掛けました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

集中して転職活動をしていると自分のことしか考えられなくなる時期があります。
ピリピリ感などで周囲の家族に気を使わせることが多くなっている時がありました。
このような時こそ、周囲の家族や職場の人などへの心遣いをすることをお勧めします。
支えられていることに気付き、感謝することができます。感謝ができると精神の乱れがなくなってくるので、より良い自分が発揮できます。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

自分のお世話になったコンサルタントの方は、自分の経歴と面談通じて、活かせる経験を上手に引き出して頂き、自分の今まで最もやりたかった仕事を勧めて下さいました。

ありがたいと感じたことは、待遇面交渉と内定後の仕事に必要なサポートが素晴らしかったことです。中には、自身の利益しか考えていないコンサルタントの方もいましたが、お世話になったコンサルタントの方は利他精神がとてもある方でした。友人にも紹介したいと思えるコンサルタントです。
ご縁ありましたことを深く感謝しております。

転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「集中して転職活動をしていると自分のことしか考えられなくなる時期があります。このような時こそ、周囲の家族や職場の人などへの心遣いを。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。