転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2014/06/24

会社のコンプライアンス意識の低さから転職を決意。有給を取得しづらい環境の中で面接のための休暇取得には苦労しました。

ペンネーム : curry(41歳・男性)
職種・ポジション : 工場総務
入社日 : 2014年7月1日
人材紹介会社 : 株式会社MS-Japan(旧:株式会社日本MSセンター)
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 15社
紹介を受け、応募した社数 50社
転職活動期間 約7ヶ月

転職理由

赤字体質、離職率の高さなど、会社の雰囲気や体質に馴染めず、転職から2年半経った2013年11月から転職先を探し始めました。
特に、直属の上司である総務部長が労働三法を全く理解しておらず現職場のコンプライアンス意識の低さに拍車をかけていたことも、転職を決めた理由です。

転職活動と内定までの経緯

メーカーの人事・総務職のうち、年収600~700万円の求人を中心に応募を続けました。書類選考を通過した企業は7社程ありましたが、実際に面接を受けたのは4社。その内の1社はweb会議システムを利用した面接でした。

在職中での転職活動でしたが、現職が田舎であることと「有給休暇取得は『悪』」という職場環境だったため、有給休暇以外に「家族の介護休暇」を取得するなど、面接のための休暇取得には本当に苦労しました。また、ほとんどの企業が一次面接時の交通費が出ないため、コストを抑えるために電車ではなく高速バスを使って早朝に出発するなどのやりくりも大変でした。

SPI試験の準備は全くしませんでしたが、テキストや問題集で事前に勉強しておきましょう。多くの企業が「SPI試験の点数は参考程度」としているようですが、やはり、高い点数を採るに越したことはなく、企業側の安心材料にも繋がるようです。
面接準備で気をつけたことは、企業のHPを確認することはもちろんですが、『職務経歴書を何度も読み返す』ようにしました。読み返すことで、在職当時を思い出すことができ、面接時の良い話のネタになりました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

できるだけたくさん人材紹介会社に登録しましょう。
過去の業務経験からですが、人材紹介会社へ求人票を出す際、あまり手を広げ過ぎるとそれだけ手間が掛かるので、出してもせいぜい2~3社程度でした。求職者側からすると、自分が登録している会社以外に自分の希望とマッチする求人があるかもしれませんので、1社でも多くの紹介会社への登録をお勧めします。

また、自分の希望を100%満たす求人とめぐり合うことはまずありませんので、少し位条件が合わない求人でも積極的に応募した方が良いでしょう。これをきっかけに自分の履歴書や職務経歴書が多くの紹介会社の目に留まり、他の求人を紹介して頂くことにも繋げることができます。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

現在、MS-Japanエージェント12名の方々のアドレスが、私のメールソフトに登録されています。これだけ多くの方々が私一人の転職のために力を貸して下さいました。
他社様に比べ紹介求人数も多く、こちらからの依頼に対するスピードも非常に高く、安心感がありました。
本当にありがとうございました!!!!!
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「会社のコンプライアンス意識の低さから転職を決意。有給を取得しづらい環境の中で面接のための休暇取得には苦労しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。