転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2010/09/27

38歳で、転職は7回目。覚悟はできていましたが、応募しても面接にすらたどり着けない日々が、半年以上続きました。

ペンネーム : 働く母さん(38歳・女性)
職種・ポジション : 営業職
入社日 : 2010年10月1日
人材紹介会社 : ニスコム株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 3社
紹介を受け、応募した社数 2社
転職活動期間 約1年

転職理由

現在の職種はITアウトソーシング事業の常駐型の請負業務で、具体的には、大手外資系ITメーカーに常駐しテレセールス業務などを行っております。

2年半ほど所属していたPJTの契約が終了となり、バックオフィスに「待機」という状態がなんと半年続きました。不景気の折、案件が激減し、まさに「仕事がない」状態でした。
その後、短期の営業企画PJTのリーダーとして出向しましたが、その頃、会社が外資系ファンドに買収されました。

と、いうのも、もちろん転職を考えるきっかけではありますが、それ以前からセールス系については、リーダー以上のキャリアパスが存在せず、その解決案の提案などもしましたが、目先の仕事が優先らしく、なかなか動いてはもらえませんでした。

転職活動と内定までの経緯

この年齢で転職回数は7回目。もちろん倒産や移転などそれぞれに理由はあるのですが、この雇用情勢の中、この数字だけでまず、書類が通ることはありませんでした。最初から決して楽観視していたわけではないので、覚悟はできていましたが、応募してもしても面接にすらたどり着けない日々が半年以上続きました。

また、人材紹介会社にも「紹介できる案件がない」と、断られ続けましたが、ご縁があるまで続けようと思い、職歴書をブラッシュアップしたりしながら細々と活動を継続していました。
だんだんと良いレジュメが作れるようになった頃、知人の紹介で憧れのクラウドを扱う企業で面接を受けられることになり、舞い上がり気味に受け、そして落ちました。。総じて言うなら、事前準備のしすぎだったと思います。

そんな中、ニスコム様からオファーがあり、小さい会社ながらニッチな分野で業績を上げている企業を紹介され、面接していただけることになりました。今回は逆に自然体で臨み、採用をしていただけることになりました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

外資系企業への面接に臨まれる場合、レジュメに記載した数字の根拠や説明は必須なので、練習してから行くべきだったと思いました。もちろん自分であげた数字なので説明できないはずはないのですが、質問の角度が違ったりして慌ててしまいました。多角的に数字を自己分析・評価してから行けば良かったと反省しました。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

担当していただいた方はキャリアカウンセリングの資格などもお持ちの方なので当然優秀な方でしたが、なによりありがたかったのは、先方企業との信頼関係があったことだと思います。キャリア・スキルだけでなく、私自身がその会社に合っているかどうか、という点も加味してご紹介いただけたように思います。

大手人材紹介企業の中には、企業担当と人材担当で別れている所も多くあるようですが、やはり一貫して担当いただける会社のほうがマッチ度が高く感じます。最後、年収部分で調整が発生してしまいましたが、希望額満額ではないものの、それに近い額まで御調整いただき、大変満足しております。いただいたご縁を大事にし、心機一転、頑張りたいと思っております。本当に、ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「38歳で、転職は7回目。覚悟はできていましたが、応募しても面接にすらたどり着けない日々が、半年以上続きました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。