転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2009/03/09

年功序列社会の中で、実績が評価されない日々…。同僚も減ってゆき、毎月送別会が行われる中で転職を決意しました。

ペンネーム : げもんげら(30歳・男性)
職種・ポジション : 営業事務
入社日 : 2009年1月1日
人材紹介会社 : 株式会社ソファー
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 7社
紹介を受け、応募した社数 20社
転職活動期間

転職理由

年功序列制の会社で、自分のしてきた仕事も上司の評価となり、自身は評価されない状態でした。また同僚が毎月少しずつ減っていき毎月送別会が行われている中で、「自分はこのままでいいのか?」「自分が活躍できるところがあるのではないか?」「自分が貢献し会社も自分も大きくなれるはずではないのか?それは今の会社では出来ない。別の道を探さなければならない。」と思い活動を開始しました。

これまで培ってきたことである営業管理業務を活かしつつ、様々な事に挑戦していけるような業務が出来るような会社、営業サポートと社内基幹業務が出来る会社を希望し、規模、業務内容については考えず、職種内容を重視しました。

転職活動と内定までの経緯

2008年11月14日にen登録。登録後、十数社からのオファーが届き、すべてに返信を出しました。ただ返信を出すだけでなく、自分の状況の説明と希望に加えてオファーの内容から質問を一つ加えて返信を出し、その反応のスピードと内容から7社を選定しました。

連日、人材紹介会社と面談。希望条件にあった求人を紹介してもらいました。
このとき注意しなければならないのは、案件が被ることが多いので闇雲にお願いしないこと。(私の場合同じ会社の求人を3社から紹介いただきました。)最終的には20社ほどエントリーの手続きを取りました。

履歴書や職務経歴書の手直しを依頼されることもありましたので、面談の最中にモバイルPCから修正を行い、メールにて送信し当日中に応募の手続きをとっていただくよう手配。お互いにスピード感を持って対応し合えたと思っています。

2008年11月20日に一社から書類審査通過のお話をいだき、連休明けに面接の予約をしていただく。この際、自分の予定に関しては告げず、先方の都合に合わせていただいて、自分が伺わせていただくというスタンスで日程の調整をお願いしますと伝えました。

2008年11月25日面接。急遽社長様も加わることになり、人事担当者、職場マネージャー含め3名との面接。時間としては1時間半。会社の説明を簡単に説明いただき、これまでの経歴や転職のいきさつ、今後自分がどのように活躍していきたいかを告げました。

終了30分後に社長様自ら直接メールにて内定の案内をいただき、2次面接については省略ということになりました。社長様自らの内定通知から自分が必要とされているということを感じられたので、受諾させていただきまして転職活動を終了させました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

直ぐに行動する:
これだと思ったら、とりあえず動いてみることをお勧めします。悩んでいる暇があったらとりあえず飛び込んでみた方が後悔が少ないと思います。履歴書や職務経歴書も依頼に対して直ぐ対応することで、熱意があると印象付けることが出来るかもしれません。

紹介会社に頼りすぎない:
必ずしも紹介会社の方が自分の希望の通りの求人や紹介をしていただけるものとは限りません。きちんと自分の希望と意思をもって自分からアピールポイントを伝えて臨まなければうまくいかないと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

ハイスピードな対応有難う御座いました。おかげで3ヶ月はかかるのではないかと思っていた転職活動を短期間で終えることが出来ました。せっかく紹介していただきました会社ですので長く勤めていきたいと望んでおりますが、何かありましたらまた相談に乗っていただければと思います。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「年功序列社会の中で、実績が評価されない日々…。同僚も減ってゆき、毎月送別会が行われる中で転職を決意しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。