転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/02/23

便利屋として利用され、スキルアップの方向性を見失うような危機感を感じました

ペンネーム : ppid(35歳・男性)
職種・ポジション : 生産保守サポート・主任
入社日 : 2006年1月25日
人材紹介会社 : ヒューマンリソシア
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 1社
転職活動期間 約6ヶ月

転職理由

大手電機メーカーの技術サポート役として勤務していましたが、経営事情により業務縮小。担当業務が約半年で変更され、転居を伴う転勤が半年~3年周期である状況でした。

このような状態では精神的に落ち着きませんでした。また、便利屋として利用されるだけで、自己のスキルアップに対する方向性を見失うような危機感を感じました。それによって、転職を意識したのがきっかけです。

転職活動と内定までの経緯

まずメインとなる人材紹介を1社だけ登録しました。あとは、インターネットの転職サイトに自分の職務経歴書を登録して、今の年齢とポジションに対してどれだけの需要があるか反応をみました。

実際に企業や人材紹介会社からスカウトを受けた時は、希望の職種でなくても正直嬉しいです。また、同時に自信にもなります。人材紹介会社から受けたスカウトについては全て登録し、さらにマッチする案件の可能性を高めていきました。

私の場合、転職は3回目であり、職種と社風を重要視しての活動でした。したがって納得のいく案件が無い限りは妥協せず応募もしませんでした。むやみに応募すると面接の為に会社も休みがちになり転職活動を行っていること会社に知られる恐れもあると思いました。

転職活動4ヶ月目にようやくマッチする案件がありました。まずネットで会社のあらゆる情報を収集し、実際に会社の門まで足を運びました。その後、その会社に応募し、面接3回を経て内定を頂きました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

どんなに辛い仕事でも、健康を維持できるのならば、転職先へ内定を頂くまで絶対に会社を辞めないで下さい。辞めてしまうと緊張が切れて意欲を無くしてしまいます。

応募したい会社があれば、必ず前もってネットで情報収集をして下さい。些細なことでも良いです。(但しネットで調べた内容は曖昧な部分もあり全てが正論ではないことを十分に認識して下さい。)

面接では、今までの経験から、基本的なこと(志望動機、将来像等)をおさえておけば、あとはあまり考えず臨むほうが自己アピールできるように思います。

また、こちらからわざわざ足を運んでいることですし、自分が相手を面接する意気込みで頑張って下さい。面接の際、最後に「なにか質問は・・・」と問われます。何も発言しないのは問題外。とにかく受身の面接では意味がないと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

企業の詳細な情報を教えていただき、また面接時には同行までしていただきありがとうございました。おかげさまで入社まで至り、これから新天地で努力いたす所存でございます。今後いっそうのご発展、ご活躍を心から期待申しあげます。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「便利屋として利用され、スキルアップの方向性を見失うような危機感を感じました」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。