転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2005/12/12

短大卒業後、2回の転職。管理職になっても感じた、漠然とした将来への不安

ペンネーム : のんきな負け犬(31歳・女性)
職種・ポジション : 営業職
入社日 : 2006年12月15日
人材紹介会社 : 株式会社フジサンケイ人材センタ
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 9社
紹介を受け、応募した社数 1社
転職活動期間 約7ヶ月

転職理由

同じぐらいの年代の女性には良くある事ではないでしょうか?独身で、特に結婚の予定も無く、特別な資格があるわけではない。短大卒業後、2回の転職で3社、すべてサービス・販売系の仕事に就き、管理職までにはなりましたが、漠然とした不安ばかりが募る。
世間で言われた「負け犬」を自信満々に名乗るほどのキャリアも収入も、趣味も無い。
職場での人間関係もいまひとつ。そんなに会社への愛着も無いため、結婚に逃げようかと考え始めたのがきっかけでした。しかし、退職を決めた後、結婚相手との将来にも不安を覚える事件が起こり、悩んだ末に腹を決めました。
自分の強みを見つけたい、磨きたい。結婚は取りやめ、新たなスタートをする決意を抱きました。

転職活動と内定までの経緯

田舎とはいえ、1人暮らしで失業期間が7ヶ月は厳しい状況。
失業保険の手続きをし、すぐに職業訓練校へ入学。いままで苦手だったPCも、簡単な作業が出来る程度ではありますが、できるようになりました。
毎日、不安は募る一方でしたが、じっくり考える時間はありました。訓練校は失業者の集まりのため、色んな考え方に触れる事が出来ました。特に、『甘い考え』を持った方を知ることにより、その度に自分自身を省みました。(訓練校に来る人の多くが、楽して失業保険の期間を延ばしたいだけの理由でした。)

また、地方のため、登録した紹介会社も遠方で、直接面談に行けたのは2社でした。
色々なアドバイスを受けながら、自分のこれまでのキャリアから、自分の『売り』が明確になってきました。
何でも話すことにより、今まで自分がしてきたことにも、意味がある、アピールできる点があることに気付かされたことは大収穫でした。
今、自分は底辺にいると考えると、恥ずかしがってる場合ではありません。正直に細かい事までお話しました。そこで、アドバイスいただいたり、相手の反応を見ることにより、実際の面接で担当者へ何を言えばよいのか、何を言わない方がいいのかが見えてきました。
今回、内定を頂いた職種は未経験ではありますが、興味深く、だめもとで応募しましたが、唯一、1社が私の応募に協力的な返答をしてくださいました。遠方のため電話とメールのみでの対応でしたが、根気強く、アドバイスもいただき、私はその1社に絞込み、応募から1.5ヶ月で内定までこぎつける事が出来ました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

まずは自分を知る事。そして、色んな人と話す事です。自分では当たり前のことも、他人が評価してくれてる事もあります。そのことは、自分では気がつかない、自分に自然に身についた、何よりの『強み』だったりします。
また、コンサルタントの人と話すのも、かなりためになりました。あらゆるものを、自分のものにしようと貪欲に取り組みました。
職務経歴書などは、ネットで検索して何十ものパターンを見て、自分のものも何度も見直し、作り直しました。そこに書かれてあること、書きながら考えた事が、面接の時の私の『芯』となりました。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

本当にありがとうございます。
とにかく、元気付けられました。あせっていたけれど、それでも1社に絞込み、じっくりと取り組めたのも、色々と励ましていただけたからこそと感謝しております。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「短大卒業後、2回の転職。管理職になっても感じた、漠然とした将来への不安」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。