転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2005/10/27

僕はどんな経歴であっても自信を持ってアピールしていいと思います。

ペンネーム : だんすまん(33歳・男性)
職種・ポジション : 介護業界 老人ホームでの戦略本部付け企画スタッフ
入社日 : 2005年11月1日
人材紹介会社 : アクティベイト
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 30社
紹介を受け、応募した社数 45社
転職活動期間 約5ヶ月

転職理由

前職での経営陣のマネジメントに不満を持つと同時に、心理カウンセリングで何か活動したいと思って辞職しました。その後、9ヶ月が過ぎ、心理カウンセラーとしての活動を一旦休止し、ビジネスに復帰したいということで、33の誕生日の前日に活動を始めようと決心しました。

昨年在職中に、4ヶ月ほど転職活動しました。そのときには、年齢に比して多い転職回数とスキルの積み重ねがないことがネックになり、どこに行っても面接に進むことも難しく、転職活動をやめた経験がありました。

そのことからも、今回も厳しいであろうことは十分に予想された活動でした。

転職活動と内定までの経緯

まず、3つのサイトに経歴を登録しました。3週間ほどは、毎日人材紹介会社への登録に走っていました。通算で30社ほどの登録をしました。タイムコントロールが大変でしたが、自分のことなので「出会い」を楽しみに行きました。案件が重複するのは知っていましたが、チャンスは多くしておきたかったからです。

人材紹介会社によるメリットは、「職務経歴書」のブラッシュアップです。私は4回ほど改定しました。見せ方もあります。言い直した箇所もあります。実際それによって、企業に有利にアピールできたと感じております。有利というのは、大きく見せることではなく、面接時に正直に適切な情報を話すことができるという点においてです。

面接では自分を出すようにしました。例えそれが相手に誤解されるようなことがあっても、忌憚なく自分のこと、マネジメントに対する考えを伝えていきました。そのことを通じて、今回の内定が出たのだと思っております。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

・職務経歴書にプラス「自己PR」(今回の転職理由、仕事に対する考え方、職務遂行スタイル、性格テストで出た人物特性)をつけて、これからの活躍のイメージを伝えました。

・転職は「出会い」だと捉え、「良い出会い」になるようにということを面接時の最初に言いました。だから選考に漏れても、気持ちを落とすことなく、次の案件に向かっていけました。

・「私だからよかった仕事」が経歴の中にはあるはずです。面接時に、そういう仕事に丁寧に取り組んでゆきたいと伝えました。皆さんそれぞれにも、そう思える仕事があるんだと僕は思います。どんな経歴であっても自信を持って、アピールしていいと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

振り返って5ヶ月間の転職活動は厳しかったです。

何社も紹介していただいた会社もありました。逆に、1社も紹介してもらえなかった会社もありました。それくらい自分への見方は分かれてしまうのだと自覚しつつ、タイミングよく現在の会社に紹介していただけたことは何かの縁だとも思います。

紹介してもらった会社には、転職先で頑張ることがなによりの恩返しであることだと考えています。そういえば、自分の都合に合わせて外で会っていただいたので、オフィスに訪問したことはありませんね。落ち着いたら顔を出したいとも思っています。ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「僕はどんな経歴であっても自信を持ってアピールしていいと思います。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。