転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2014/08/12

人員整理の波、そして勤務先の日本撤退の可能性が表面化。さらに評価制度への疑問が、転職活動への一歩を後押ししました。

ペンネーム : アルファ(33歳・男性)
職種・ポジション : プロダクトサポートエンジニア/社内IT・マネージャー候補
入社日 : 2014年6月23日
人材紹介会社 : エンワールド・ジャパン株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 3社
紹介を受け、応募した社数 5社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

前職から転職して2年弱、人員整理の波、いずれは日本撤退の可能性が表面化してきていました。入社以降、所属部署だけでも数百万円のコストカットに貢献、自己向上も欠かさなかったと自負していただけに、評価は全く追いつかないことがなおさら新しい場所を探すことの背中を押しました。

転職活動と内定までの経緯

[転職開始の経緯]
転職活動というよりは、履歴書・職務経歴書・英文レジュメは年に一回必ずアップデートしていました。今回、転職する!と一大決心をしての転職ではなく、もし経歴書等をアップデートして良いご縁があれば、という程度の転職開始でした。

[苦労した点・工夫した点]
私の場合、4年制大学を出て就職ではないことと、転職回数が多いことが最大の弱点でした。非常に強い希望の案件に応募しても、転職回数が多いということで書類選考が通らなかったということが一番堪えましたが、それ以来、書類選考に転職理由別紙を添付し、かつ自らが人よりも短い経験の中で濃い業務をこなし、糧と出来て評価されていることを明記するようになり、書類選考が通りやすくなりました。

業務だけでなく、日々自己向上としてこなしていたことが、経歴として評価されるだけの能力をその時々で身に付けてきていることとして書類上でも説得力を得られるようになり、弱みを強みに変えることが出来ました。

[失敗談]
転職先は外資系企業のみに絞っておりましたが、希望案件の面接では英語が母国語ではない上司となるものもありました。文化や考え方の違いだけではなく、独特の訛りのある英語が電話インタービューやビデオ会議では聞き取れないものもあり、面接通過ならずとなりました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

私の場合、転職回数が多いのですが、全てにおいてネガティブな理由で転職をしたことがありません。今よりもステップアップするため、自らの価値を上げるために、日々仕事を全力でこなし、自己向上を続け、結果、転職であれば必ず道は拓かれると信じています。

それでも、私自身、転職で環境を変える直前には、自分を変えれば、我慢すれば、今の環境が快適だと思える自分になれるかもしれないと再考するくらい、慎重で臆病にもなります。

悩んで停滞しているどなたかの人生が、転職でより輝きますように。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

前回及び今回の転職でもお世話になり、情報も共有していただけたことで迅速にご対応いただき、感謝しております。お世話になりました転職エージェントは、ご紹介頂くサービスも、フォローアップも、アドバイスも、外資系への転職では、群を抜いて優れている集団であると思います。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「人員整理の波、そして勤務先の日本撤退の可能性が表面化。さらに評価制度への疑問が、転職活動への一歩を後押ししました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。