転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2010/12/09

コンサルタントから、実業へのキャリアチェンジ。3年前に比べ、転職市場の状況は一変していました。

ペンネーム : AKAGI(28歳・男性)
職種・ポジション : マーケティング職
入社日 : 2010年12月1日
人材紹介会社 : 株式会社ケンブリッジ・リサーチ研究所
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 7社
紹介を受け、応募した社数 5社
転職活動期間 約1ヶ月

転職理由

転職のきっかけとしては、キャリアチェンジが第一でした。

ITコンサルティング職についていましたが、実業に携わりたくなりました。そして、実業の中でも、システムを利用する頻度の高い「社内スタッフ」職であれば、この不況でもキャリアチェンジ可能なのではないかと考え、転職を決意し活動しました。

希望条件としては、業界の安定性と職務内容(財務、マーケティング関連職)にこだわり探しました。

転職活動と内定までの経緯

自分自身は、2007年の売り手市場の際に、一度転職を経験していました。しかし現在は、そのときとは市場の状況が真逆になっており、驚きました。

最初はエージェントを使わずに、地道に転職活動をしようと考えました。しかし、人事の知り合いなどから話を聞くと、自分の希望する安定性のある業界のスタッフ職は、不況の影響からか募集自体が少なく、またあったとしても定員の数十倍、百倍以上の応募があるので、選考に時間がかかるということでした。

募集人数が多い大手企業もあったのですが、そこでも「応募者多数につき、書類選考結果のご連絡は1ヶ月ほどお待ちください」という状況になっていました。

転職時期を焦っていたわけではないのですが、ちょうど仕事の谷間であり、この時間のある時に積極的に活動したいと考えていました。そこで書類選考や面接をすばやく行ってもらうには、やはりエージェントを使うしかないと考え、スカウトメールが届いたエージェントから数社を利用しました。エージェントを選ぶにあたっては、スカウトメール本文に、ある程度具体的な情報が載っているところを選びました。

エージェントを介すと、興味を持ってくれた企業は、すばやく面接のスケジュールを組んでくれました。また、内定がでるまでは面接官に聞きにくい質問についても、エージェントに質問すれば、調べて回答をくれました。数社受けて、第一志望の会社から内定が出たので、そこに決めました。

反省点としては、第一志望の会社に内定が出てしばらくしてから、自分で応募した会社から「面接のお知らせ」が届いたりしました。エージェントを利用して応募する会社と足並みをそろえるためには、自主応募はもう少し早めに行っておくべきだったと感じました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

私は英語が殆ど話せないのですが、履歴書には「英語力向上への熱意が強くあります」みたいなことを書いていました。英語力を「nice to have」なスキルとしている企業は多くあり、そうした企業は興味を持って質問してくれました。

即戦力が基本の中途採用ですが、「nice to have」なスキルについては、「今後の意志」としてでも加えておくと、採用担当者の目に留まりやすいのではないかと思います。

また、隠れた優良企業というのは、自分で調べるのに限界があるので、エージェントをうまく利用するとよいと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

未経験の業界について、業界の基本情報から今後の見通し、有力企業などを教えていただきありがとうございました。転職を考えている前職の仲間がいたら、御社の話をしてみます。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「コンサルタントから、実業へのキャリアチェンジ。3年前に比べ、転職市場の状況は一変していました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。