転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2010/05/17

家族に負担をかける今の働き方を改善したい。経験不足の不安の中で転職活動を始めました。

ペンネーム : R.N(26歳・男性)
職種・ポジション : 事務職
入社日 : 2010年4月1日
人材紹介会社 : キャリアバンク株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 6社
紹介を受け、応募した社数 2社
転職活動期間 約1年

転職理由

転職に至った理由はいくつかあります。ただし、一番の動機は、勤務体制の問題による家族への負担が大きかったことです。私の場合は待遇面等の枝葉の部分は、結局ここに完結してくるのだと思います。前職では配偶者と小さい子どもがいる中で、共働きの生活と仕事のバランスを保つことができませんでした。頻繁に入退社や異動・転勤もあり、将来の生活をイメージできなくなってきたことで、仕事のモチベーションも徐々に下がってきました。

転職活動と内定までの経緯

年齢的に20代半ばでしたが、「第2新卒」というには既に無理がある年になっていました。しかしその一方で、部下や後輩を育てているという段階にもなく、マネジメント経験も不足していました。最初に具体的に転職という選択肢を考えだしてから、1年ほどの期間を要しました。ミドルの転職を始め、様々な転職支援サイト、求人サイトへの登録、ハローワーク等での転職活動を続けてきました。

今回は本当に何かの「縁」で紹介会社を通じて、スカウト頂いたのがきっかけです。冒頭に記したように、労働市場において、客観的に見た場合に中途半端な位置に自分があるのではと思い、どう自分を表現し、自分の方向性を定めていくか悩みました。

結果的に、良くも悪くも自分の思った通りにしかならなかったと思います。厳しい時代とはいえ、世の中に様々な業界、多くの職種があるなかで、自分が選んだ答えは、やはり自分の気持ちの奥底にあるものから大きくブレることはないと思います。ブレない自分をどう作るか。人に会ったり、本を読んだり、客観的に自分を見つめなおすことが大切です。

そして、何より良いコンサルタントに出会うこと。紹介会社の規模の大小はあまり関係ないと思います。(グループ会社の求人を独占的に引き受けている場合でなければ)むしろ、どれだけ信頼関係を築けて、自分一人では気づかない自分に気付かせてくれるか、数字だけでは割り切れない部分をどう考えるか。人は一人ずつ皆違うということです。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

とにかく一番大切なのは、転職は「手段」であって「目的」ではないということ。自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、どのような人生を歩みたいのか。それを追い求めていくことは本当に今の会社では不可能なのか。まず今いる会社で自分ができること、少しでも前向きに変えられることを一つずつクリアしてみることが大切だと思います。

一人で活動するのではなく、友人や、コンサルタントに自分の気持ちを素直に伝えていくことも大切です。そうすることで、自分の中でも曖昧だった部分がクリアになっていくこともあります。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

初回面談、企業との1次面接、最終面接、入社前までいろいろとお気づかい頂き本当にありがとうございます。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「家族に負担をかける今の働き方を改善したい。経験不足の不安の中で転職活動を始めました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。