転職コンサルタントの本音 各分野に精通する転職コンサルタントへのアンケートを集計!

8「コンサルタントが実現したいこと」について

アンケート実施期間 : 201464日 ~ 2014617日 / 有効回答数 : 170
非公開求人の紹介や、キャリア相談サービスを提供しているコンサルタント。どのようなバックグランドを持ち、どのような"想い"を抱いているのでしょうか。今回は、そんな"転職のプロ"の人となりに迫ってみました。

▼ 確かなコンサルタントスキルはもちろん、豊富な実務経験も 全体の68%が、4年以上の経験を持つコンサルタント。また、月間に面談を行う転職希望者の方は、20名以下のコンサルタントが全体の72%でした。 腰をすえて、しっかりと求職者と向き合うコンサルタントが多いことがわかります。

コンサルティングの経験だけではなく、実務経験を積まれた方が多いことも注目すべきポイント。実に89%が、営業や管理系職種などの「転職コンサルタント以外の職種」を経験されています。コンサルタントの強みの1位は「親身・丁寧な対応」、2位が「特定の職種・業種に対する抱負な知識」、3位が「企業とのグリップ、条件交渉力」。この結果からも、現場での経験や人脈がコンサルタントの大きな武器になっていることが伺えます。

▼ 実現したいのは「より多くの転職希望者の転職成功」 半数以上の方が、コンサルティングを通じて「より多くの転職希望者の転職成功」を実現したい、と回答されています。

「企業・転職者双方の人生をさらによりよいものにする手助けがしたい」「就職に困っている人の役に立ちたい」などの実現を原動力としていらっしゃる方が多いことが見て取れました。

当サイトには1300名以上のコンサルタントが参画していますが、その一部の"本音"をご紹介させていただきました。様々なバックグランドや強みを持つコンサルタント。みなさまの転職成功にご活用いただければ幸いです。なお、得意分野などでコンサルタントを探したい場合は、こちらをご覧ください。

Q1貴方のコンサルタント歴を教えてください。

Q2貴方の前職または職歴を教えてください。

Q3コンサルタントへの転職・就職を希望された理由を教えてください。

Q4月間でどのぐらいの転職希望者との面談を行っていますか。

Q5人材紹介を行う上で、ご自身の強みだと認識されていることは何ですか。

Q6人材紹介事業を通して実現したいことは何ですか。

より多くの転職希望者の転職成功と答えられた方の回答より
  • 企業・求職者の潜在ニーズを引き出し、質の良いマッチングを多く成功させ、企業・転職者双方の人生をさらによりよいものにする手助けがしたい。
  • キャリア形成の考え方や考える事をきっかけに、働く事の厳しさや楽しさを実感できる世の中にしたい。人材を流動化させる事で、若年者層にも就業する場、喜びを与えたい。
  • 多くの方への就業の可能性を広げることによって、結果我が国の国力増に繋がれば良いと考えています。
  • キャリア=仕事という狭い意味ではなく、キャリア=人生という認識で一人一人の人生に寄り添っていきたい。
  • 人材紹介事業を行う上で、企業、求職者がWIN WINとなる事が大前提。転職活動に苦戦する層(子を持つ母、中高年層等)を、企業ニーズを把握しつつも積極提案を行い、新たな雇用創出につなげたい。
  • 求職者のやりがいを転職によって再起していただく。
企業の経営課題の解決と答えられた方の回答より
  • 事業フェーズによって求められる人材は異なると考え、経営者の皆様に現在の事業フェーズと組織の健康状態について気づきの機会を提供し、今後直面する可能性の高い経営課題を提起するように心がけている。
  • 適材適所がなされ、個人の能力が開花、発揮される職場を提案し、その人材が企業の経営にとってプラスとなり、企業の発展に貢献されることを願います。
  • 中小企業のオーナーは自社の現状は常に「員数足りて、適材なし」という思いを程度の差はあれ抱いている。また、後継者などについても悩んでいる。それらの課題解決の一助になればとの思い。
  • 勿論、転職希望者の手助けはあるが、企業の人材ニーズを充足することにより、少しでも経営課題の解消の手助けがしたい(中小企業は人材充足には教育を含め苦労している。)
  • 企業を活かすも殺すも人。なので人が起こす変化を見ていきたいと思います。そのために課題解決型の人間を推薦することで経営課題を解決したいと考えています。
  •  
求職者が実現したいキャリアの手助けと答えられた方の回答より
  • 優秀な大企業出身者で転職経験がないお方や転職回数が多いお方、応募書類の書き方が理解できていないお方などを具体的に支援して、転職希望者に対する多面的な支援を行いたいこと。
  • 自分自身が大学卒業以来(就職氷河期初期)、キャリアに悩み続けて、転職を繰り返してきました。自分の思い悩んで物事を選択してきた経験がそのまま活かせると思い、この仕事をしています。我が国の国力をあげるのは国民一人一人の労働力と生産性です。数多くの方のキャリアアップや就業の成功をお手伝いすることで、社会への貢献となると考えています。
  • その人が保有するスキル(潜在能力)とキャリアアンカー(職業価値観)が合えば人生ハッピーです。
  • 転職により、より多くの人がイキイキと主体的に働けるように尽力したい。会社任せではなく、自分で責任を持ってキャリアをドライブ出来る人材が増え、より国と経済が成長するようになれば良いと考えます。
  • 転職に困っている方を一人でも助けたいと思う。
  • 求職者が気づいていない強みを引き出し、キャリア形成の可能性を広げる。
業界の活性化と答えられた方の回答より
  • もともとWeb業界にいたので、業界の発展につながればうれしい。働きやすい会社が選ばれる業界になればうれしい。
  • 日本国内の労働環境の活性化。
  • 業界の既成概念を吹き飛ばしたい。紋切型の人材ばかりを求めるのではなく、多様な年齢・性・国籍・スキル・経験を育てられる企業が増加するアプローチの一つになる事。
  •  
地域の活性化と答えられた方の回答より
  • 地域へ優秀な人材が入社することで、よりその企業が飛躍する可能性があります。その結果が、新たな雇用を生み、企業の発展、ひいては地域の発展につながる。地域の発展に貢献できるような人材紹介事業者へなっていきたいと考えています。
  • 一人一人の決定もさる事ながら、その決定により企業や地域が発展し、新たな雇用を生み出せるようになること。そこに関与したい。

Q7人材紹介事業でやりがいを感じていることがありましたら、教えてください。

  • 担当求職者様が良い企業に転職できたことはもちろんですが、そこからお付き合いが続き、一生その人の人生のアドバイザー的な存在になり得る職業というところにやりがいを感じる。
  • キャリアカウンセリングにより、求職者の方が、自らのキャリア形成に新たな気づきを得られた時。また、紹介した人材が企業で活躍しているとき。
  • まだ始めたばかりなのでこれからですが、カウンセリングで求職者の人生に寄り添って応援できることは嬉しいです。
  • レジュメから読み取れないセールスポイントを直接把握し、企業へプレゼンできること。結果、出会う予定がなかった企業と人が出会い、形(入社)になったとき、代理人として一番やりがいを感じる。その方が活躍して成果を出した時は、よりやりがいを感じます。
  • 転職の方向性、活動方法が分からず、悩んでいる人たちに、そのアドバイスをし話を聞いてやって、しっかりと転職活動ができるようにしてあげること。
  • 転職者の悩みや苦労話をしっかりと聞いてあげて気分を軽くしてあげる。会社都合により転職を止むなくされて、困窮している人たちの支援が出来る。
  • なかなか内定が得られず苦労している(転職回数も多い)方を成約に結びつけ感謝の言葉を頂くこと。
  • 応募者さんが、出世をされたという話を聞く時です。人事部から応募者さんが、入社して数年たって、○○さんは、大変良く頑張っていますという話を聞いた時です。
  • 候補者のポテンシャルを更に高め、ご転職を機に更に社会貢献されておられるご様子をお見受けした時。
  • 的確な人材が見つからず困るクライアント、希望の職業が見つからず悩む候補者をマッチさせることで、それぞれの悩みを解決できる点。
  • 決定した瞬間もさることながら、終業後に求職者だった方や企業様からの満足しているというフィードバックをいただいた時。
  • ターニングポイントに立ちあえる。毎日が勉強。繋がりがもてる。
  • 企業の経営幹部、年収の高いポストでの求人をスカウト人材で成約したときに達成感を感じる。
  • 求職者が希望通りの転職が出来、新しいフィールドで頑張っていると聞いたとき。
  • 入社後に「ありがとう」の一言をもらえる。
  • 多くの方の人生に立ち会う事が出来る(一期一会)。
  • やる気のあるシニア層を受け入れてくれる企業の開拓。
  • 今日ここに来てお話が出来ただけでも良かったです、と言われた時。成約した時より嬉しいです。

Q8これまでのコンサルティング経験のなかで、「いい転職が実現できた」と実感されたエピソードがありましたら、教えてください。

  • 何をやっていいのかわからなくなっていた男性に8回の面談を通して、やりたいことに気づいてもらったこと。またそれが見えた瞬間に選考が一気に進み、第一志望の企業にご入社いただけたこと。
  • 自身の何気ない一言が求職中、転職者の心の支えになっていた事を転職完了後に教えてくれたこと。転職者から自分の強みを改めて感じた転職活動になったとお手紙を頂いたこと。
  • 異業種、異業界への転職を成功させ、紹介した人材が高い評価を得ることができた。学歴や、在籍した企業のブランドは関係なく、「人間性」が評価されて、活躍の場が得られたときに、転職を成功させることができたと実感した。
  • 電気メーカーの中国工場閉鎖に合わせ、工場責任者だった方を、別の日本メーカーの中国生産技術副部長として転職を支援させていただいた経験。求職者の状況や思い、狙いなどを共有し、相互の情報を頻繁にやりとりする中で調度良い時期が重なり、転職回数が多かったのに、好条件で実現できた。
  • 立ち上がったばかりの外資系企業で、右も左もわからない状態でゼロから全てを任される様なタフなポジションに飛び込んで下さった候補者。その後クライアントから非常に感謝され、候補者自身も企業へ馴染む速度が非常に早く、短い間に独占案件を追加で頂けた事。
  • 若手人材を求める企業に対して、経営課題を読み解き、あえて40代の即戦力人材を提案。その方が入社した後の課題解決、その後の事業にドライブがかかる点を説明したところ、一度面接をしていただき、そのまま入社決定。現在まで2年、活躍されていること。
  • やはり50代以上のシニアな方で1年以上離職されている方が決まった時です。
  • 人事責任者のポジションで転職が成功し、その人と交流ができて、飲み仲間になり、その後求人案件を出してくれる。
  • 50歳男性無職。大手文具メーカーを早期退職され、次の一手が見つからずお困りだった時にスカウトをさせていただき、類似のメーカーの役員候補としてアサインできた時。
  • 候補者の転職支援を通じて、転職先(クライアント)の社長や上司と一緒に、候補者の結婚式に招待されたこと。同社の新規事業を推進されていて、とても活躍されているとのこと。
  • 60歳過ぎの方で、優秀な資格はお持ちなもののご年齢の部分から選考に難航した求職者の方にハローワークの求人も含めて、粘り強く転職決定に結び付けられた事。
  • 某大手牛丼店の店長さんで、腰を痛め業務継続が難しい方を某住宅メーカーの店長候補に紹介し、人柄とコツコツ努力する姿勢が買われ、転職成功。年収で300万アップし現在も活躍中。
  • 一旦辞退した企業に対して本人の後悔もあったので再度話をまとめられたこと、一年越しでようやく企業が求める人材を採用できたことなど。
  • 企業の経営低迷時に自身が社内に入り込み、会社を知り、業務を知り、必要な人材を提案、採用したことから、経営改善となったこと。経営者が必死に会社を立て直したいとの想いを、人で実現できたことは想いで深いエピソードです。
  • 59歳の方を、中国の工場に副工場長として、紹介した方が、生きがいを感じて、中国で頑張っておられてます。帰国の度にご連絡を戴いております。
  • 紹介して入社された人材が頑張ってその会社のグループ会社の社長に昇格された。
  • 中小企業から大企業への転職を実現できた方が、初めての転職活動で最初のスカウトを受け、1発で転職成功し、そこに運命的な出会いを感じたと言われたこと。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職コンサルタントの本音「「コンサルタントが実現したいこと」について」毎月1000人の転職コンサルタントのアンケートを集計。コンサルタントに中途採用の実態を調査。採用活動などから転職成功へのヒントをご紹介。