みなさんの声を活かすためのユーザーアンケート集計結果
81回 アンケート集計結果

「[en]転職コンサルタントの求人情報」について(2012年版)

求人情報を探す時に、よく利用しているサービス、トップは「求人検索」「65%」、次いで「新着求人情報メール」「38%」。
( ※ 一番多かった回答より )
第81回のアンケートは、「[en]転職コンサルタントの求人情報について」お伺いしました。[en]転職コンサルタントでは、キャリアにあった求人を見つけていただくために様々なコーナー・サービスをご用意しています。どのようなコーナー・サービスを利用して自身に合った求人情報を探すのか、求人情報のどの項目に注目するのか。これからサイトをご利用いただく方はもちろん、現在ご利用いただいている方もご参考にしていただければと思います。 今回もアンケートにご協力いただき、誠にありがとうございます。
実施期間:2012823日~ 2012930
有効回答数:486
担当:事務局 きむら
Q1.[en]転職コンサルタントで求人情報を探す時、よく利用しているコーナー・サービスを教えてください。(複数選択可)
【全体グラフ】求人検索:65%、新着求人情報メール:38%、ハイクラス求人:32%、求人特集:30%、エグゼクティブ求人:21%、新着ハイクラス求人情報メール:14%、外資系・グローバル求人コーナー:13%、いずれも利用していない:3%
Q2.[en]転職コンサルタントに掲載されている求人情報で、特に注目する項目は何ですか?(3つまで選択可)
【職種別グラフ】
よろしければ、その理由をお聞かせください。
「仕事内容」と回答された方の理由より
仕事の内容と、休日、休暇のバランスと会社規模を見ると、その会社のおおよその体制がわかるからです。(33歳 男性) まず自分ができる職種なのか、現実的に勤められるかどうかを検討する。(38歳 女性)
転職に際しては何をするのか、何を提供できるか、それがどこまで評価されるのかが重要だと考えるため。(39歳 男性) 【仕事内容】については前職のスキルを活かせるかどうかでよく確認します。(39歳 男性)
私の職務経歴がマッチしにくいので。(42歳 男性) 金融機関に絞って探しているため。(43歳 女性)
特化した仕事内容で探している、年齢の資格が厳しい。(46歳 女性) 仕事の内容:自分に出来る仕事なのかどうか、確認するのは当然。(48歳 男性)
私は、26年間ホテルや飲食店で接客やマネージメントに携わって参りましたので、今の年齢からは異業種になると、かなり条件等が厳しくなりますし、やはり接客という仕事での喜びを忘れられないです。これからも、この業種に誇りを持って邁進したいです。(47歳 男性) 自分の専門性をどれだけ活かせる職場か。どこまで伸ばせる環境か。どれだけ評価してくれる会社か。を重視している。(49歳 男性)
どこでどんな仕事をするのか、それをまず知りたい。未開の地で未経験の仕事を受けても、自分の性格ではうまくいくとは思えないから。(48歳 男性) 今までの経験を生かすことを第一義とし、新規業務に挑むことも希望しますので業務内容は、注意して確認しています。(50歳 男性)
現在の仕事よりランク上の仕事を確実にしたいから。(50歳 男性) 自分のキャリアプランに求人内容が合致するか否かが最も重要だから。(51歳 男性)
キャリア就職のため、即戦力と思っています。仕事内容、雇用形態、年収が気になります。(51歳 男性) ある程度のやりがいと転職後の生活が描けるので。(52歳 男性)
「年収・給与」と回答された方の理由より
転職のコストパフォーマンス判断に必要。(49歳 男性) 妻子があり、安定した収入を求めるためです。(34歳 男性)
自宅から通えてローンを安定的に返済できるところ。(38歳 男性) 【年収・給与】誰でも一番気になる項目ではないでしょうか?(39歳 男性)
自分のキャリアに対し、どれだけマッチした仕事が、どれだけの給与で、募集されているのかを知り、自分の可能性を見ることが出来るため。(42歳 男性) 自社の求人原稿を書いた事があるが、数字で表せない表現は、信用するに値しない情報であると思ってしまいます。(41歳 男性)
現状の仕事よりも条件が良くなければ困るから。(42歳 男性) 現職よりも収入を下げたくないから。(50歳 男性)
一番は給与面です。やはり自分の能力を最大限に生かせる仕事に就きたいので妥協はしたくないです。(49歳 女性) 給与、待遇→未経験だと、給料の相場もわからないので。(29歳 女性)
暮らしを成り立たせるためには最低必要な金額が必要です。それを自分の努力(成果)でもいいので給与として還元してくれる会社を探してます。またそのためには自分にできる仕事かということと、精神的な面でも雇用形態は重要です。(52歳 男性) この年齢(40)ではこの3つが一番重要。特に年収。(40歳 男性)
「勤務地」と回答された方の理由より
地元で働きたい為。(42歳 男性) 海外勤務を希望している為。(48歳 女性)
現在のスキルで、活かせる経験を注目しています(年収・給与)。転勤無しの企業も確認しています。(47歳 男性) 高齢のため、単身赴任や長時間の通勤は敬遠します。(54歳 男性)
やりたい仕事があり、かつ、転居ができないから。(48歳 男性) ・勤務地:希望している場所で働きたいことと、派遣なのか自社内開発なのかが分かるから。(43歳 男性)
勤務地:自宅から通勤できる勤務地なのか、若しくは転居しなければならない勤務地なのか、確認するのは当然。(48歳 男性) 現在の居住地で、自分のスキルを生かせた転職をと考えております。また年収においても現在の年収と比較で検討を行って行きたいと思います。初めての転職で会社も勤務地も初めてであると不安要素が多いので、不安要素を少なくするために勤務地を現在居住地と考えています。(53歳 男性)
できれば転居を避けたい。(49歳 男性) 中国向け希望。(54歳 男性)
「応募資格」と回答された方の理由より
スキルアップを目指し、ハイクラスの職種を希望しているために、応募資格に満たないケースもあるために、重視しています。(32歳 男性) 同業への転職ではないので、応募資格は重要。また現在より収入か待遇、休暇などの向上を求めるため。(36歳 男性)
これまでの経験がいかに即戦力として生かせるか。仕事内容が自己の希望といかに一致しているか。ワークバランスがとれる内容か。以上を基本情報としてサーチするため。(44歳 女性) 年齢的にも(現在36歳)今までの業務経験と応募職種、条件が一致していないと厳しいと実感していますので、そういった点から選択した3点を重点的にチェックしています。(36歳 男性)
・応募資格:応募資格に満たない求人に応募してもしょうがないから。(43歳 男性) enのコンサルタントが代理で選考する際に応募資格は絶対だと感じるので。(34歳 男性)
自分の能力が活かせる職場で働きたいから。(43歳 男性) 自分のキャリアを生かしたいから。(44歳 男性)
求めている条件と募集内容が合うか確認している。(44歳 男性) 応募資格:年齢制限ではねられる恐れがあるので、これも確認するのは当然。(48歳 男性)
私は資格がないため前職と同じような仕事をしたいので仕事の内容を必ずみる。又前職で待遇が悪かったので待遇面も見ます。(48歳 男性) シニア層にとって年齢制限がかかっているものが多く、明示されていない場合は給与や仕事内容から判断するようにしています。(48歳 男性)
業務内容は、勿論 年齢が壮年なので応募資格が大きく気になります。(51歳 男性) 年齢がいっていることから、まず応募できるのかを、確認することから応募資格を見ます。その上で、社員かどうか、そして、現在の年収以上かを確認します。(52歳 男性)
「活かせる経験」と回答された方の理由より
「活かせる経験」は、実質応募条件に等しいようなので。ここに記載されている経験がなければ、まず採用の見込みがないということで、無駄な応募をせずにすむかな、と思います。(39歳 女性) 年齢からの経験を評価してくれるか。(59歳 男性)
 
「雇用形態」と回答された方の理由より
・雇用形態:正社員として働きたいから。(43歳 男性)  
 
「求める人物像」と回答された方の理由より
求める人材に適しているか、応募資格を満たしているか?がその後の選考の大きなポイントだと思うので。(54歳 男性) 【求める人物像】は求人企業の指向性を知ることができるので、意識して確認します。(39歳 男性)
会社が求める人物像およびスキルに対し、自分のやりたいこととスキルがあえば、自分の能力が活かせて、会社貢献になりさらなる自己成長が望めるから。(50歳 男性) 求める人物像→仕事内容は変わることがあっても、社風などは、変わらないし、社内の雰囲気を表しているように思うので。(29歳 女性)
「会社の特長」と回答された方の理由より
会社の特長→第三者からみた、会社の特徴はホームページに載ってないので。(29歳 女性) 真剣に転職を考える立場として、やはり次の人生を有意義にしていくために、大半の時間を費やす職場の状況がどうであるのかが一番のポイントだと思うから選択しました。(35歳 男性)
「勤務時間」と回答された方の理由より
稼動時間を低くしたいため。(43歳 男性) ワークライフバランスが保てる職場が良い。(50歳 女性)
「担当コンサルタントのここがポイント!」と回答された方の理由より
担当コンサルタントのポイントは背景や全体像を把握するのに役立っています。(54歳 男性)  
「選考プロセス」と回答された方の理由より
採用基準を早く把握するために。(51歳 男性)  
Q3.[en]転職コンサルタントに掲載されている求人情報で、もっと詳細な情報がほしい項目は何ですか?(複数選択可)
【全体グラフ】仕事内容:52%、年収・給与:35%、応募資格:33%、求める人物像:32%、活かせる経験:28%、募集背景:25%、勤務地:25%、選考プロセス:20%、会社の特長:19%、待遇・福利厚生:15%、雇用形態:14%、休日休暇:12%、キャリアパス・評価制度:12%、勤務時間:11%、担当コンサルタントのここがポイント!:8%、紹介・入社実績:6%、キャッチフレーズ:1%、その他:6%
サイト上に掲載されている求人情報に対するご意見・ご要望をお寄せいただき、ありがとうございます。サイトをご利用いただいている皆さまの求人情報の注目する項目や、詳細な情報が欲しい項目を知ることが出来ました。今回、ご回答いただいた内容については、[en]転職コンサルタントに参画している人材紹介会社にも、共有をし、求人情報について啓蒙をしてまいります。
Q4.[en]転職コンサルタントに掲載されている求人情報にエントリーを行ったことはありますか?
ある:60%、ない:40%
Q5.Q4で「ある」と回答された方にお伺いします。どのルートからエントリーを行いましたか?(複数選択可)
【全体グラフ】求人検索:55%、新着求人情報メール:33%、ハイクラス求人:26%、求人特集:22%、エグゼクティブ求人:14%、新着ハイクラス求人情報メール:10%、外資系・グローバル求人コーナー:7%
Q6.Q4で「ある」と回答された方にお伺いします。エントリーを行う時、求人以外の情報は参考にしましたか?(複数選択可)
【全体グラフ】担当コンサルタントの情報を参考にした:42%、人材紹介会社の情報を参考にした:36%、人材紹介会社が扱っている他の求人を参考にした:30%、求人以外の情報は参考にしなかった:10%、その他:5%
よろしければ、その理由をお聞かせください。
「担当コンサルタントの情報を参考にした」と回答された方の理由より
企業が出している情報だけでなく、第3者の情報を参考にしたいと考えます。製品を買う場合でも、口コミの掲載されている方を優先的に候補にするので、その場合と同じと考えました。(価格.comやAmazon等)(39歳 男性) プロの意見を参考にするのが、とても重要であると感じている点と、会社の情報を沢山もっているという点で。(40歳 男性)
面接、応募における詳細な情報はコンサルタントとの面談やメールのやり取りが一番確かである為です。 (43歳 男性) 応募するにあたり、その会社の風土・成長性を確認したくて情報を参考にしました。(51歳 男性)
「人材紹介会社の情報を参考にした」と回答された方の理由より
人材紹介会社と求職企業とのコンタクトがきちっと取れており、正確な情報提供があるため。 (32歳 男性) 直接話をして相談して進められるため。(35歳 男性)
人材紹介会社によって、紹介している基準、内容等が違うため。(45歳 女性) 45歳超の紹介を断るエージェントはほぼ決まっているため。(48歳 男性)
「人材紹介会社が扱っている他の求人を参考にした」と回答された方の理由より
エントリー希望以外の取り扱い求人にも、希望の職務が掲載されている場合、見合った他の案件についても相談できる可能性があるため。(44歳 女性) どのジャンルに強いのかを知るため。(51歳 男性)
「求人以外の情報は参考にしなかった」と回答された方の理由より
普通に面談を受ければ平気かなと。(38歳 男性) 担当コンサルタントは使えないと感じているため。(39歳 男性)
畑違いの感もあるので恐くて見れなかったです。(42歳 男性) 沢山求職してるから、その、1件が魅力を感じないと、詳しく見てられない。(47歳 男性)
活用の仕方がいまいちわからない。(48歳 男性) 地方のため情報が少ない。(49歳 男性)
まず、求人に募集した上で、うまくゆくようであれば、他の情報をとるようにしている。どんなに調べても、ヘッドハンターがシャットアウトしてしまえば、それ以上進まないので。(52歳 男性)  
Q7. 新着求人情報メールを利用している方にお伺いします。
【a】お使いになった感想はいかがですか?---希望条件にあった求人が多い:12%、希望条件にあった求人が少ない:58%、メールの内容からでは判断できない:30%【b】配信求人数・配信頻度はいかがですか?---多すぎる:10%、ちょうどよい:70%、少なすぎる:20%【c】掲載されている求人情報はどのくらいチェックしていますか?---全ての求人をチェックしている:21%、マッチ度の高い求人のみチェックしている:74%、ほとんどチェックしていない:5%
Q8 スカウトを利用している方にお伺いします。スカウトで紹介を受ける求人情報についてはいかがですか?
求人情報が添付されているものがよい:33%、シークレット求人が添付されているものがよい:21%、本文中に求人が記載されているものがよい:14%、スカウトメールが届いていない:32%
たくさんの方にご登録いただいている新着求人情報メールについて、ご意見・ご要望をお伺いいたしました。もし、配信される求人情報がご希望に合わないと感じられている場合は、登録内容の見直しを行ってみてください。ご登録内容を更新していただくことで、現在の希望条件に合致した求人情報を受け取ることができるかと思います。

新着求人情報メールの希望条件の変更はこちらから

今回、サイトをご利用いただいている皆様のご意見・ご要望を拝見していて、改めて気の引き締まる思いがいたしました。一人でも多くの方に、ご希望に合った求人情報をお届けできるよう、サイトの運営をしてまいりたいと思います。今回もアンケートにご協力いただき、ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
第81回アンケート集計結果「「[en]転職コンサルタントの求人情報」について(2012年版)」。ユーザーアンケート集計ページ。エン ミドルの転職 プロフェッショナルをご利用頂いた皆様に「働くこと」「転職について」に関するアンケートを毎月実施。ご回答いただいた皆様には、抽選で豪華商品プレゼント。