みなさんの声を活かすためのユーザーアンケート集計結果
30回 アンケート集計結果

「転職で実現したいこと」について

転職で実現したいことは「給与・待遇のアップ」。転職して実現できた人は「4人に1人」。
( ※ 一番多かった回答より )
第30回目は「転職で実現したいこと」について伺いました。転職経験のある方に、したいことが実現できたかどうか伺ったところ、実現できたという方は25%。一方で、実現できなかったという方が45%まだわからないという方が30%という結果になりました。今回のアンケートでは、実現できた要因、実現できなかった原因についても詳しくお聞きしています。また、転職を成功させるための具体的な行動もご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね!
実施期間:2008522日~ 2008618
有効回答数:526
担当:事務局 いとう
あなたの今の状況に一番近いものはどれですか?
具体的に転職活動を進めている:49%、良い求人があれば転職を考えたい:36%、今すぐの転職は考えていない:5%、自分の市場価値を確認したい:5%、転職に成功したところ:3%、その他:2%
転職で実現したいことについてお伺いします。
a)転職で実現したいことは何ですか?(3つまで選択可)---総合ランキングトップ5 給与・待遇のアップ:55%、やりたい仕事ができる環境での就業:44%、安定的・長期的な就業の確保:43%、自分が成長できる環境での就業:41%、経験・能力が活かせるポジションへの転職:28%
【年代別グラフ】
b)転職経験をお持ちの方にお伺いします。これまでの転職では、「転職で実現したいこと」を実現できましたか?---実現できた:25%、実現できなかった:45%、まだわからない:30%
c)bで「実現できた」とお答えの方にお伺いします。実現できた要因・成功体験エピソードなどがあれば詳しくお聞かせください。
企業規模や業界にこだわらずに職種を絞り込んだので、自分でやりたいことができたと思う。それと、公開されている求人情報ばかりではなく、友人知人のネットワークを活用したので、事前にその企業の実態がかなり把握できたことも大きな要因。(42歳 男性) 最終的に希望の仕事に就くことができましたが、はじめは未経験からのスタートで、休日出勤をしてまでスキルを身につけ、難局も乗り越えてきました。その力は、スキルや能力よりも経験として自分を支える力となっています。(46歳 男性)
行政の経験を持って民間での実務的仕事を習得し、「民間人活用」としてまた行政に戻り、民間での感覚や視点を、職員の方々に教えて役立ててもらいました。(58歳 男性) 人がやりたがらない仕事をどんどん引き受け経験を積み、キャリアとして多くの技術を身に付けることができた。人にもアドバイスできる立場にたつことができた。(36歳 男性)
新たに体験する馴染み難い企業風土や仕事の仕方の違いなど違和感を感じることが多々あるが、それなりの理由があることをちゃんと理解し、納得して受け入れました。また、与えられた仕事の目標・課題に辛抱強く取り組んで、周囲の信頼を勝ち取ることも大切です。(60歳 男性) 初めての転職は36歳と若干遅かったが、その分最初の企業で様々な経験やネットワークを得ることができ、そのスキルを糧に「業種より職種」を優先した転職活動を行った。その結果、転職先でも十分にスキルを活かすことができ、転職後3年で部長という大役を任されるまでになり、より経営に近いところでさらなる経験を積むことが出来た。(47歳 男性)
本格的な開発を希望していたので、現在の会社に入り多忙な毎日を送り、やりたいことと収入UPの両立ができた。好きこそものの上手なれ…が、やはり成功した第一要因と考えてます。(49歳 男性) 目先のおいしい話に飛びつかず、長期的に考えて得になる職場を選んだ。(正社員から条件の落ちる派遣社員に→しかし、派遣先が超有名外資系企業→ネームバリューがつき、その後の転職でスカウトが続出)(32歳 女性)
前の会社において築いたノウハウ・人脈等を活用し、転職した会社で飛躍的に受注の拡大ができ、更なるノウハウ・人脈も出来た。(46歳 男性) 人を育てるスキルをトレーニングされ、そして実践とフォローUPが徹底されている企業に入社したため、仕事の実務と共に人間的にも成長できました。(44歳 女性)
d)bで「実現できなかった」とお答えの方にお伺いします。できなかった原因は何だったでしょうか。(複数回答可)---入社後、会社の状況が変わってしまったため:47%、妥協せざるを得なかったため:45%、入社前の情報収集が不足していたため:44%、急いで決めてしまったため:34%、入社後、自分の状況が変わってしまったため:12%、、その他:4%
「入社後、会社の状況が変わってしまったため」と回答された方の理由より
転職後に会社の合併があり、組織の大幅な変更、上司の引退などから、それまで順調に遂行していたビジネスの構築が頓挫した。(42歳 男性) 私の入社直後に担当者が退職したため、入社時の職務内容と実際の業務が大幅に相違した。(49歳 男性)
入社後、会社が合併したため社風が変わり、自分の思うところとギャップが大きくなった。(47歳 男性) 入社後、オーナー経営者が政治家に転身したために会社の雰囲気が一変した。(66歳 男性)
秘書の仕事がしたくて転職を決意。当初はセクレタリーの仕事兼、売掛金管理の仕事をすることで内定をもらった。しかし、実際セクレタリーの仕事は1ヶ月でなくなり、当初とは全く異る仕事をやることになった。(25歳 女性) 入社前の段階で経営破綻寸前でした。その結果、人が大量に辞めてその補充とは知らずに入社しました。案の定、会社は半年で倒産しました。(32歳 男性)
「妥協せざるを得なかったため」と回答された方の理由より
転職活動が長期化し、収入面で苦しくなった時に、今の会社への転職チャンスがあった。その時点では、社長より強く入社を要望され、また待遇面でも考慮頂けるとのことであった。しかし、入社後、予定していたプロジェクトは延期されました。唯一、新規マーケット開拓は実現したが、それに応える人材確保を会社が行わず、それもまた保留状態となってしまった。苦しい時期でも妥協するべきではなかった。(51歳 男性) 派遣社員から正社員を目指し転職活動をし、正社員になったものの、仕事内容が派遣の時よりずっと補助的でした。入社前からその危惧はあったのだが、思っていた以上に物足りなく、自分で仕事を見つけようにも社内全体で業務量が少なく不可能。焦って雇用形態の安定を優先させた結果、仕事のやりがいを失ってしまったと反省しています。(31歳 女性)
「入社前の情報収集が不足していたため」と回答された方の理由より
「希望のポジションを用意しておく」「入社時の年俸は最低水準だから、それ以下になることはない」など、いいことばかり聞かされてたが、実際は全く違った。もっと、第三者のアドバイスを聞くべきだったと反省している。(45歳 男性) 次の転職先を決めないで辞めたため、焦って企業研究が不足した状態で決めてしまった。何とか慣れてきたと思った頃、企業の業績不振により、整理解雇になってしまいました。(37歳 男性)
「急いで決めてしまったため」と回答された方の理由より
前職では上司と折り合いが悪く、ある時、勢いで転職意思を伝えてしまった。大見栄切って退職日まで自分で決めてしまい、あわてて転職先を探したため、満足な転職活動ができなかった。(34歳 男性)  
「転職で実現したいこと」では年代別に大きな差がでています。家庭を持ち、子育てや住宅ローンなどにお金がかかる30代~40代で「給与・待遇のアップ」が突出しているのに対し、まだ家庭を持たず、まずは自分が一人前になるために働いている20代では、「自分が成長できる環境での就業」「語学力・資格が活かせる仕事への転職」が選ばれています。一方、これまで仕事で様々な経験を積んできた40~50代では、やはり「経験・能力が活かせるポジションへの転職」が多くなっています。

経験や能力だけでなく、年齢や環境などによって、転職で実現したいことは変わってきます。同世代の傾向はもちろん、部下や上司世代の傾向も把握しておくことで、お互いの理解を深めることができるかもしれませんね。
転職活動についてお伺いします。
a) 転職経験をお持ちの方にお伺いします。転職活動を進める中で「転職で実現したいこと」が変わりましたか?---変わった:26%、変わらなかった:74%
「変わったきっかけや変わったこと」のコメントより
色々な企業を調べるうちに多くの知識を得ることが出来、当初の希望と異なったものにも興味を持つようになりました。また、転職活動の中での面接で、色々な企業の指針を伺えたことは、自分の夢や希望を設定するのに影響を与えています。(43歳 男性) これまでベンチャーなど中小企業での仕事だったので、今回の転職では大企業の組織について学んでみたいと思っていたが、転職活動を進めるうちにやはり自分は小規模組織に強い興味を持っているということがはっきりした。(29歳 男性)
活動当初は漠然としか転職先をイメージできていなかったが、転職コンサルタントと話したり、本や書籍などから情報を得たり、実際、面接の場で「自分のやりたいこととはなんとなく違うな」と感じたりして、実現したいことが変わっていった。(37歳 男性) 今までは、やりがいを一番に考えていました。しかし、今は年齢的にも厳しい求人状況なので、まず安定した職場と収入を一番に考えるようになりました。もちろん、今もその次の条件として、やりがいを求めています。(37歳 男性)
住宅業界を中心に転職活動をしていましたが、業界自体の将来性に不安を感じるようになり他の業界へ目を向けるようになった。(39歳 男性) 最初は一つのことにこだわりすぎていたが、初めて知る職種に関しても、自分の興味関心のあるところには応募しようと思い始めた。(29歳 男性)
年齢が若いと条件面はほぼ一緒だということがわかり、通勤や福利厚生を重視するようになった。(34歳 男性) 自分の成長だけでなく家庭を持ったことによる責任の重さから、収入も比例して考えるようになりました。(41歳 男性)
結婚して子供を持つと、やはり安定志向に走ってしまう。(39歳 男性) 年齢の壁に阻まれ、異業種への転身をあきらめた。(39歳 男性)
b) 転職を成功させるために、具体的に行っていることはありますか?---できる限り多くの求人情報を収集する:63%、転職サイトのスカウトを利用し可能性を広げる:48%、人材紹介会社を利用する:40%、できる限り詳細な企業情報を収集する:39%、長期間にわたりじっくり転職活動を行う:26%、知人・業界の人から広く情報収集を行う:22%、資格取得を目指している:18%、今の仕事でしっかり経験を積む:13%、専門性を高める勉強をしている:13%、語学の勉強をしている:7%、その他:2%
「この方法はオススメ」のコメントより
面接の後に必ず良かった点と悪かった点を分析し、次回の面接に活かせるように振り返りをする。そして、入社出来そうな企業が出てきた場合でも焦らずに必ず入社後の事をもう一度じっくり考えてみる。(37歳 男性) 今回の転職活動が上手くいった理由は、転職の理由・志望動機・今後のキャリアプランを明確に説明できたこと。人材紹介会社の方に、面談日程などを手伝って頂けたため、上記の対策に時間を取れたことが大きいと感じました。(23歳 男性)
求人を応募していない会社にも、直接電話して会ってもらえるか聞いてみる。以前、どうしても興味がある会社(求人を出していない)に電話して、会ってもらった経験があります。あとは、興味のある会社で求人が出ているが、希望職種でない場合も、直接電話したことがあります。(結果、この会社に採用されました)(37歳 男性) 資格取得はレベルの高いものに挑戦し、一人でやるのではなくて、ある程度のお金を出してしっかりした受験講座に入ること。そうすれば先生や仲間から、色んな情報や今までにはなかった新しい刺激が得られる。これがモチベーションを高めることと新しい仕事に必ず役立つと思います。(60歳 男性)
実現したい自分の姿を想像し、その目標に向けて努力すること。職種によっては求人が少ない場合もあるので、強いこだわりがあれば希望給与額を若干下げることや就業場所を変更することも視野に入れたほうがよいと思う。(33歳 男性) 複数の人材紹介会社に登録して、同じ企業の紹介があった時に、印象などをそれぞれに伺い、自分なりに情報を整理していくことで、本音と建前がわかることがあります。(39歳 男性)
へたではない鉄砲をたくさん撃つことが大事だと思う。数撃てばよいというものでもないが、現在の状況ではやはり数に頼ることが必要なのではないかと思う。(44歳 男性) 人材紹介会社は特に多く会うとよいと思う。自分と波長の合うコンサルタントを見つけると相談もしやすく非常に活動しやすい。(28歳 女性)
とにかく複数の人材紹介会社に登録し、各コンサルタントと面談し自分をよく知ることが大切。(41歳 男性) 中小企業を検討する場合、トップとの面談をすることが大事です。(49歳 男性)
転職活動では、やはり情報が命ですね。できるだけ詳細な情報を収集するために、意外と多くの方が人材紹介会社を利用しているようです。人材紹介会社では求人情報だけでなく、応募企業に合った書類作成のアドバイスや想定される面接の内容などプラスαの情報も得られるというメリットがあります。また、上記のコメントにあるように、人材紹介会社との面談の中で自分の方向性が定まったり、新しい可能性が見つかることもあるようです。自分の欲しい情報が手に入らない、転職活動がうまく進まないという方は、人材紹介会社を有効に活用してみてください。

今回のアンケート結果をキッカケに、今一度、「なぜ転職したいのか?」「転職後にどうなりたいのか?」についてよく考え、満足のゆく転職をしていただきたいと思います!
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
第30回アンケート集計結果「「転職で実現したいこと」について」。ユーザーアンケート集計ページ。エン ミドルの転職 プロフェッショナルをご利用頂いた皆様に「働くこと」「転職について」に関するアンケートを毎月実施。ご回答いただいた皆様には、抽選で豪華商品プレゼント。