みなさんの声を活かすためのユーザーアンケート集計結果
28回 アンケート集計結果

「転職活動」について

一番手ごたえを感じている方法は、「転職サイトの求人とスカウト」。やっておいてよかったことは、「応募書類の作成」と「スキル・キャリアの棚卸し」。
( ※ 一番多かった回答より )
第28回目は「転職活動」について伺いました。現在の転職活動方法は、「転職サイトのスカウトに登録」「転職サイトの求人に応募」が5割以上を占める結果となりました。現在の転職活動にインターネットは欠かせないものになっていることが伺えます。今回は転職経験者の方に、転職活動にあたって「やっておいてよかったこと」や、転職活動を振り返って「やっておけばよかったこと」を詳しくお聞きしました。これから転職活動に臨む方はもちろん、なかなか思うように転職活動が進んでいない…という方も、ぜひ参考にしてくださいね。
実施期間:2008321日~ 2008416
有効回答数:668
担当:事務局 いとう
現在、どのような転職活動をしていますか?(複数回答可)
<総合ランキングトップ3>【1位】転職サイトのスカウトに登録:62%、【2位】転職サイトの求人に応募:58%、【3位】人材紹介会社に登録:35%
【年代別グラフ】
転職活動を行っている方にお伺いします。一番手ごたえを感じている方法はどれですか?
【年代別グラフ】
転職活動を行っている方にお伺いします。転職希望時期のどのくらい前から転職活動を始めましたか?
1ヶ月前:21%、2ヶ月前:15%、3ヶ月前:22%、6ヶ月前:17%、1年前:6%、1年以上前:14%、その他:5%
転職活動において不安なことは何ですか?(3つまで選択可)
自分の転職の可能性:54%、自分の希望する求人の有無:52%、経済的な不安定さ:45%、転職活動期間の長期化:36%、精神的な余裕のなさ:16%、自己アピールの仕方:13%、転職活動時間の確保:10%、面接:10%、応募書類の作成:5%、現職の業務への支障:5%、家族の反対・プレッシャー:4%、退職実務:2%、その他:2%、特にない:2%、【その他のコメントより】年齢制限、転職先企業の情報不足
転職活動の方法では、転職サイトを活用している方が半数以上を占めました。しかし、サイトの利用方法は年代によって違うようです。20代・50代の方では「求人へ応募」が、30代・40代の方では「スカウトへの登録」が多かったです。30代・40代は、自分の希望条件と企業の求める要件が、いずれも厳しくなる年代。求人情報を見るだけでは、なかなか転職活動が進まないという事情もあるのでしょう。実際に手ごたえを感じている方法でも、30代・40代の方は「スカウトへの登録」の割合が高かったです。

ちなみに、スカウトを利用する際、きちんと準備しておきたいのが職務経歴書。せっかくご経験を積んでいても、それが伝わらなければスカウトが届きません…。逆に、「職務経歴書を見直してからスカウトがどんどん来るようになった。」という方もいるので、事前に誰から見てもわかりやすい職務経歴書を用意しておきましょう。

[en]転職コンサルタントでは、採用担当者や人材紹介会社からの声を交えて、職務経歴書のコツをご紹介しています。こちらも参考にしてみてください。
転職経験のある方にお伺いします。転職活動でやっておいてよかったことは何ですか?(3つまで選択可)
職務経歴書など応募書類の作成:42%、スキル・キャリアの棚卸し:40%、応募先企業の情報収集:24%、人材紹介会社への登録:21%、スカウトサービスの利用:13%、家族との話し合い:13%、資格取得:11%、求人情報メールサービスの利用:11%、面接の事前準備:11%、貯金:9%、上司への事前相談:2%、その他:2%、特にない:13%
「職務経歴書など応募書類の作成」と回答された方の理由より
転職を考えている場合は、日頃から自分自身の棚卸と応募書類の作成はしておいたほうが良いです。いろんな状況がかさなり転職活動が急な展開になっても慌てることがないので。そういう時ほど忙しくて手が回らなくなります。(35歳 男性) いきなり書類が必要になった場合も、一度Wordで作成をしておけば、アップデートのみで済み、時間を短縮することが可能だから。(32歳 男性)
応募書類はフォーマットや文章の長さなどの見た目を、見る人の立場に立って考えることで印象がよくなったと思います。(33歳 男性) 職務経歴書等記載内容について何度も修正したことにより、最終的には複数社から書類選考をパスし内定をいただけた。(42歳 男性)
業務として漠然としていたスキルが、履歴書ベースで整理することによって棚卸ができた。(44歳 男性)  
「スキル・キャリアの棚卸し」と回答された方の理由より
「スキル・キャリアの棚卸し」は応募書類作成の元になり、更には面接の事前準備にもつながるため、自分自身を分析することをやっておいて非常に良かったと考えます。面接で質問されることは大体決まっているので、自分自身を分析しておけば自ずと答えも決まってきます。(34歳 男性) 現在の自分を冷静に見つめ直して、自分の希望する仕事をする能力がどの程度あるのか判断出来るので、何をすべきかがみえ、方向性が明確になってくる。(48歳 男性)
スキル・キャリアの棚卸しは、自分の能力をアピールする部分であり、自分の売りになる部分なのでしっかりまとめておくことで会社に強くアピールできました。(33歳 男性) 年齢的にもまずはスキルが問われるので、それを分かり易く整理しておくことが大事だと考えている。(45歳 男性)
自分にどんなキャリアとスキルがあるか把握することは、転職先でアピールする際に必ず必要となる。(37歳 男性) スキル・キャリアの棚卸しにより、具体的に自分の適性等を分析できた。(48歳 男性)
「応募先企業の情報収集」と回答された方の理由より
応募先企業の情報は店舗リサーチ、ネットの検索エンジン、HP、同業界の知人からのクチコミ、業界紙など思いつくあらゆる媒体から収集したことで、面接時に会話のキャッチボールが弾んだ。(40歳 男性) 相手の会社の情報を収集することにより、面接時の質問に答えやすく、また話しやすかったです。(40歳 男性)
「人材紹介会社への登録」と回答された方の理由より
レジュメや履歴書を事前に人材紹介会社へ提出することにより、チェックを受けたり相談したりすることができるため、紹介会社経由で応募するにしろ、しないにしろ、手助けを得られるから。(30歳 男性) 以前転職した際に登録した人材紹介会社経由では決まりませんでしたが、担当者の方からいただいていた求人情報や転職活動に関するアドバイスが、結果的に自分で活動した際にプラスに作用したからです。(39歳 男性)
転職経験のある方にお伺いします。転職活動でやっておけばよかったことは何ですか?(3つまで選択可)
資格取得:39%、応募先企業の情報収集:25%、貯金:23%、スキル・キャリアの棚卸し:22%、面接の事前準備:17%、職務経歴書など応募書類の作成:12%、スカウトサービスの利用:10%、人材紹介会社への登録:9%、家族との話し合い:8%、求人情報メールサービスの利用:4%、上司への事前相談:2%、その他:2%、特にない:15%
「資格取得」と回答された方の理由より
年齢が上がればあがるほど、資格や語学に対して会社からの要求が大きくなる。英会話に通っているが、やはり覚えが悪くなっているとしみじみ感じる。(42歳 女性) 英語がもっとできれば(TOEIC800以上)、チャンスは広がるし、自分のやりたい仕事に就くことができる。(38歳 男性)
希望職種へのブランクがあるため、資格を取っておけばよかったと思っています。(33歳 女性) 希望する求人の応募資格に資格取得がマストだったので、受験しておけばよかったと悔やまれます。(38歳 女性)
資格等も自分の能力を示す客観的な証拠になるので、あるといいと思う。(34歳 女性) 英語だけでも自分のものにしておけば良かったと思う。(48歳 男性)
「応募先企業の情報収集」と回答された方の理由より
応募先の良い点ばかりに目が行き、悪い点(離職率や全社的なモラル等)にまで気が回らなかったために、入社後、現実とのギャップに悩んだため。(38歳 男性) 応募先企業の情報収集はしてもしすぎることはないと思います。実際に働いてみないとわからないことも多いので。(33歳 女性)
何度か面接でその企業のことをどこまで知っているかつっこまれ、うまく答えられずに失敗したことがあるから。(32歳 男性) 応募先企業の情報収集については、入社後、想像外の実態があったので。(44歳 男性)
「貯金」と回答された方の理由より
転職に思ったより時間がかかり収入が不安定になったことと、転職先の会社が経営不振で1年足らずで休社になり、給料も未払いのまま会社都合で退職になってしまったため、貯金の必要性を強く感じた。(43歳 男性) 特に無職期間が発生することが考えられる場合は必須です。焦って不本意な企業に転職してしまって後悔しても後の祭り。貯金がなくて悲惨な目に遭ったので、最低限半年くらいは無収入でも生きていける程度の貯金は必要です。(48歳 男性)
貯金があれば余裕が持て、資格等の取得も出来て転職に有利になるし、スキルアップも図れたと思うから。(48歳 男性) 思ったよりも転職が長期化したことがあり、やはり貯金は大事だと思いました。(39歳 男性)
転職活動には交通費等経費も必要なので、貯金は別枠で必要になると思う。(34歳 女性) お金の余裕が心の余裕という部分は否めない。(40歳 男性)
転職活動を端的に表す一言は何ですか?下記の中から近いものを選んでください。
チャレンジ:34%、心機一転:29%、山あり谷あり:10%、七転び八起き:9%、悲喜こもごも:7%、淡々:3%、その他:7%、とんとん拍子:1%、【その他のコメントより】縁、タイミング、不安、自己実現
やっておけばよかったことは「資格取得」が1位になりました。資格の中でも、特に「英語(TOEIC)」を挙げる方が多くいらっしゃいました。どの業界・職種でも、英語ができると転職先の幅が広がるのがその要因だと思います。また、一朝一夕で身につくものではないので、もっと早く身につけておけばよかったと思っている方が多いようです。

また、転職活動には「お金」も必要というのが経験者の声です。在職中に次の転職先が決まれば問題ないですが、転職活動が長引いてくると、経済的な余裕がなくなってくることも考えられます。途中で妥協してしまわないためにも、経済的にはある程度の余裕を持って転職活動に臨みたいものです。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
第28回アンケート集計結果「「転職活動」について」。ユーザーアンケート集計ページ。エン ミドルの転職 プロフェッショナルをご利用頂いた皆様に「働くこと」「転職について」に関するアンケートを毎月実施。ご回答いただいた皆様には、抽選で豪華商品プレゼント。