みなさんの声を活かすためのユーザーアンケート集計結果
1回 アンケート集計結果

「働く」について

( ※ 一番多かった回答より )
第1回目は「働く」についてうかがいました。1回目ながら、949名もの方にご回答いただきました。転職のご経験のある方は75%。そのご経験者のうち、「非常によかったと思う」が30%、「まあよかったと思う」は47%と、約8割の方が肯定的に考えていらっしゃいました。転職してよかったと回答されている方の理由で、最も多かったものは「成長」でした。「視野が広くなった」「色々な経験が出来た」「考え方が多様化した」「人間関係が広がった」などのコメントが多数寄せられました。一方、転職がよかったとは思えないという方に目だったのは、リストラ、病気、自分の意思ではない転職です。このような不測の事態には気持ちを切り替えることが一番大切なのですが、それが一番難しいことでもあるのかも知れません。
転職して何がよかったのか、悪かったのか、また今後転職する場合には何を重視するのか、ぜひみなさんの意見を転職活動の参考になさってください。たくさんのご意見をお寄せいただき、誠にありがとうございました。
実施期間:20051221日~ 2006122
有効回答数:949
担当:事務局 いとう
現在転職をお考えですか?
具体的に考えていて、転職活動中:58%、考えてはいるが、活動はしていない:26%、ぼんやりと考えている程度:9%、状況が変わればわからないが、今は考えていない:5%、考えていない:3%
いままでに転職したことはありますか?
ある:75%、ない:25%
転職してよかったですか? (転職経験がある方のみ回答)
非常によかったと思う:30%、まあよかったと思う:47%、あまりよかったとは思えない:16%、よかったとは思えない:6%
非常によかったと思うと回答された方の理由より
転職経験は一回だが、同じ飲食業界での転職。業界を深く知ることによって、業界自体に見切りをつける決意ができた。そしてやはり魅力的な人間との出会いが何よりの収穫。(25歳男性) 新しい環境での仕事が出来ることで、自分自身の考え方が磨かれる。但し、考えていた以上の悪い環境になってしまうこともあり、転職は難しい。(44歳男性)
前職での経験も活かせ、今までとは違う世界も勉強でき、自分の成長に役立ったと思います。(29歳男性) 夢であった自分がやりたいと思っていた仕事をすることができたので(30歳女性)
転職後の仕事に必ずしも100%満足したわけではないけど、転職しなければよかった(前の企業に戻りたい)と思ったことは一度もない。また、転職を通じて色々な厳しさを学んで成長していると思う。(32歳女性) 居心地のよい会社には入れたから。いろんな会社のスタイルを身をもって体験でき、より幅広い考え方をできるようになったから。いろんな会社で仕事をすることにより自信がついたから。(27歳男性)
大都市圏を転勤する生活に不満があり一念発起してUターン、地元で新卒入社した同世代と比較して厚遇され、生活環境も転勤生活時より好転した。(35歳男性) 自分の知識・経験を活かし発揮できたし勤務先の役にたった。またその転職によって自分の良さ(特性)が自覚できた事。(55歳男性)
転職により、自分が最も望む仕事内容に近い職種を得る事ができ、自分の能力・視野が劇的に広がった為。元の会社で頑張り、希望の職種を目指すのも一つの可能性だったが、大きな組織の中でそれがいつ叶うのかを待つより、思い切って新しい環境を選択した。(37歳男性) ひとつの会社ではできることが限られてくるが、転職することにより経験が豊かになり、ものの見方が変わった。考え方も偏りがちだったのが、いろいろな角度で物事が見られるようになり、新しい提案ができるようになった。また、人との出会いも収穫のひとつだと思う。(39歳女性)
新しい職務経験を積むことによって、自分のキャリアがブラッシュアップされた。新しい人間関係が広がった。(39歳女性) 本当にやりたい仕事へと、転職の度に近づいているように思える。(33歳女性)
色々な社会経験を通して人間の幅が広がったと思います。(45歳男性) 大企業から中小企業に転職したので、自分の能力が発揮できた。結果的には、実績と評価が結びついていた。(57歳男性)
日本企業から外資に転職したが、自分の業績次第で給与が上がり、また上司を説得出来るだけの市場情報、或いは事業計画に妥当性があれば、ドンドン採用して貰える。仕事の遣り甲斐は日本企業の比ではない。(44歳男性) 収入も上がり、目指すべき仕事のスキルを見いだし、生きがいを発見できた事と、一番大きな収穫は、自己の能力を測るべき基準がおぼろげながら見出せた事です。(49歳男性)
スカウトされての転職の為、先ず給与や待遇が良く成った。技術の修得や人間関係が進展し仕事そのものが大きく広がると共に様々な新しい世界が体験出来た。(49歳男性) 色々な経験が出来た事と、考え方が多様化し、仕事に対する目的意識が向上し、何より自己の成長が感じられた。(36歳男性)
新たな挑戦は自分にとって有意義。(45歳男性)  
まあよかったと思うと回答された方の理由より
給与的には満足のある仕事なのですが、危険が伴い、また、会社規模が小さい為、全ての業務に携わらなければいけない分、大変さは多かれ少なかれありますので、できれば、次回転職を希望させて頂くのであれば、大手を希望させて頂きたいと考えております。(28歳女性) 転職しなければ、いつまでも不満を抱えて愚痴を言うだけだっただろうが、実際に転職したことにより、「どこの会社でも共通の問題」と「会社に固有の問題」を区別できるようになり、共通の問題に直面したときには転職するよりも立ち向かおうと思えるようになった。(38歳男性)
収入が上がったのでよかったとは思うが、キャリア的にアップしたとは思えないのでまぁまぁだと思っている。(32歳女性) 自分に何があっているか、また何が欠けているのかを知るよい機会である。人間関係をリセットすることができる。(33歳女性)
様々な会社における業務・習慣・組織体制などを知り得、良い点を吸収できた事。企業規模にもよるが、経営者の考え方の違いを知る事ができ、経験が深まった。(35歳男性) やりたい職務を続けられる方法として選んだので、よかったと考えている。(36歳男性)
いろいろな職場を転々としたほうであるが、やはり世間は転職をマイナスイメージでとらえることが多い。しかし、逆にいろいろな職場を経験することで得られる気づきも多く、必ずしも悪いことではない。(37歳男性) 同じ業種であっても、奥が深い。一社では、満足するレベルも、他社で比較すると、まだ未熟さも知り、初心に返れた経験から、そう思います。(46歳男性)
最初に居た会社が比較的恵まれた環境だったので、勿体無かった。しかし、他の環境に身を置いて勉強になったことも多い。(38歳女性) 給与・待遇的には不満が残るが、技術者としてスキルアップは図れた。(38歳男性)
仕事内容も待遇もダウンしたが自分の時間がほんの少しだけ多くもてた。これはこれで意味があったのでは???(39歳男性) 転職活動を通じて視野が広がったこと。様々な考えを持てるようになったこと。(40歳男性)
何度か転職しているが、いろいろな職場を経験したことで自分の能力がどの程度なのかを客観的に判断できたと思う。(40歳男性) 以前の仕事とは違い高レベルのところで仕事ができ、テクノロジーの進化に貢献できたので。(40歳男性)
抽象的ですが一つの世界だけでなく違った世界も見れたこと。色々苦労もしましたが、それも今後の方向性を決める上でよい勉強と捉えることが出来るようになった事。その結果今が有り将来に向けてのデザインが描けるようになった事。(42歳男性) 不本意なこともあったが、自分の進みたい方向へ少しづつシフトしていっている。動かないで後悔するよりは、良いことも悪いことも自分の経験として蓄積していけるので、その時々の判断は正しかったと思っている。(45歳女性)
新卒の頃所謂大手企業で働くことを希望していましたが、縁なく中規模の企業で働くことになりました。4年ほど経験を積んで当初の希望叶って名の知れた大手と言われる会社に転職をすることが出来ました。が、実際働いてみて自分が楽しく生き生きと働けるのは大人数で仕事を進める傾向のある会社ではなく少人数で運営されている職場であることを実感できました。自分が望む働き方がはっきりとさせられた点が良かったと思っています。(30歳男性) それまでの職場で煮詰まってしまい、辞めたい気持ちが先に立っての転職でしたが、新しい職場で気持ちを切り替え、新しい仕事にチャレンジできるようになったので、ストレスが格段に少なくなったことは大変良かった。一方、新しい職場での待遇や会社の将来性についてはやや不安定な部分があるので、総合的には「まあよかった」という評価です。(49歳男性)
異業種でも経験を生かせることがわかったから。やり方、捉え方が異なる、別の世界をみる事が出来た事。(51歳男性)  
あまりよかったとは思えないと回答された方の理由より
転職先で仕事内容のミスマッチがありました。(29歳男性) 実際入社してみると、聞いていた話と違っていることが多いため。(31歳男性)
前職は自分の時間は犠牲にされても、やりがいのある仕事だったため、転職後の仕事は時間ができて、給料もあがったが、やりがいは感じられなかった。(31歳女性) 大学院進学のために一度入った会社を辞めたのですが、その後、大学院のキャリアも上手くいかせず、結局現在離職中です。(36歳男性)
キャリアが積めたが、生涯働きたいと思う会社に出会えなかった。(35歳男性) 中途と新卒との評価に差別がある。技術職の地位が低い。(33歳男性)
リストラに会い、再就職支援会社に登録して活動していたが、中々決まらず、前々職がある種特殊な職種であった事と、精神的に追い詰められて受身になっていた事で、自分としては生活のために、職種、条件等、不本意な選択をして前職についたが、2年で退職する事になった。(45歳男性) 人により、いろいろな意味で転職する・転職せざるえない理由があると思います。待遇・人間関係・やりがい・倒産‥。前向きに転職する事は良いと思いますが、私の場合は、会社の倒産で転職を余儀なくされ、目的意識が薄かった為 会社自体の昔ながらの体質になじむ事が難しかった。(41歳男性)
入社にあたって、業務内容や責任・権限、雇用条件等をはっきりとさせておかなかったため、満足する仕事ができなかった。(45歳男性) 採用時の上司が退職し、希望していた仕事以外をしている(37歳男性)
現職の一つ前の転職に失敗したので。若い小さな会社の社長に誘われるまま、いい年をして後先を考えずに転職し、その社長との仲が悪くなりわずか4ヶ月で退職してしまった。突然失業した為、準備期間も無く長い求職活動を経験した。本当に辛かった。(48歳男性) サラリーマンからフルコミッションの世界に転職。周りに2千万円を越す年収の人達も結構いるが、50才を越えて300万円台の人も・・・。常に契約を取り続けないと収入が減る世界は、サラリーマンとは次元の違うプレッシャーです。(52歳男性)
よかったとは思えないと回答された方の理由より
仕事内容などよく分からずに転職してしまった。(30歳男性) 早く勤めたいという気持ちの焦りから次の会社の業務などあまり考えずに仕事に就いた事。(39歳男性)
再就職に関して言えば、先ず、転職がそのまま収入アップにつながっていなかったという点(逆に下がってしまった傾向あり)が挙げられます。次に、転職回数を重ねた結果、年齢制限から来る就職機会の喪失や、社会経験(業務経験)に照らし合わせた場合、企業から求められるスキルとキャリアのミスマッチで、活動に際し、就業条件等でかなり不利な気がします。どちらにせよ、後ろ向きの転職は控えた方が無難でした。どこかで踏ん張らなければいけなかったと猛省しています。(38歳男性) エージェントと通さずに直接人事に採用されました。一部上場の大企業ですが、入社まえに人事より聞いていた条件と実際の条件が仕事内容・給料すべて違っていた。きちんとしたエージェントを通していれば異議申し立てもできたかもしれないと後悔している。(34歳女性)
家族があるので離職後の再就職(収入が途絶えては生活できない)を急ぐあまり再就職先の条件を甘くし、妥協して就職してきた。いつも後悔するし今も後悔している。(41歳男性) 若い頃に転職した時は世間を知らなすぎて離職後に会社の良さを知って後悔した。現在は会社都合による退社であったが、年齢的に条件が厳しくいろいろな意味で退職前にもっとスキルを身に付けておけば良かったと反省している。(47歳男性)
今後転職する場合には、どのようなことを重視しますか? (3つまでの選択式)
1位 やりたい職種・仕事内容である:61%、2位 給与・賞与等の待遇が今よりあがる:42%、3位 力を発揮できるポジションにつける:24%、3位 労働時間や休日数などの勤務条件がよい;24%、5位 自分の能力や技術を活かせる:22%
年代別グラフ
各年代で「やりたい職種・仕事内容である」がトップでした。40代、50代では「力を発揮できるポジションにつける」「これまでの仕事の経験が活かせる」項目でもポイントが高く、経験という土台に立った仕事を希望しているのに対し、20代ではまだ自分が何者なのか分からず、給与等の待遇や労働条件に目が行きがちに思える結果となりました。
あなたが働く理由は何ですか? (3つまでの選択式)
1位 生活・家族のため:82%、2位 自分自身を成長させたい:52%、3位 自分の力を試したい:29%、4位 自己実現:27%、5位 社会の役に立っていたい:26%
年代別グラフ
20代は「自分自身を成長させたい」「自分の力を試したい」など、まだ仕事は何より自分自身のためのものであるようです。この20代と対照的に、40代では「生活・家族のため」が突出しています。40代は他のどの年代より生活や家族を背負っている状況が伺える結果となりました。また、40代、50代で「社会の役に立っていたい」「社会人としての責任」のポイントが上がり、人間的に成長した視点を感じます。「仕事が面白い」の項目では、30代、40代がややリードしています。仕事に脂の乗った時期なのでしょう。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
第1回アンケート集計結果「「働く」について」。ユーザーアンケート集計ページ。エン ミドルの転職 プロフェッショナルをご利用頂いた皆様に「働くこと」「転職について」に関するアンケートを毎月実施。ご回答いただいた皆様には、抽選で豪華商品プレゼント。