ミドル世代の転職市場
トレンドがわかる記事をPick up!
18/09/27 UP!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収1000万円以上で転職。実現できるミドルはどんな人?~転職コンサルに聞くミドルの転職事情~

ミドルの転職 編集長の岡田です。

 

突然ですが、ミドルの皆さんは「年収1000万円」を得ている人は、どんな人かイメージが沸きますか?国税庁の調査によれば、平成28年度に年収1000万円を超えている人は、日本の労働者の4%程度。100人ビジネスパーソンがいれば4人が該当するという計算。そのわりには、どんな人かイメージが沸きませんよね。

 

そこで今回は、転職を支援するコンサルタント109名に、転職して「年収1000万円」を実現したのはどんな人か聞いてみました。もしかしたら皆さんも該当するかもしれません。ぜひご確認ください。

年収1000万円以上の転職が実現しやすいのは、「平均給与額が高い業界」「外資」「大手企業」出身者

Q: 経歴において、年収1000万円未満ミドルと比べて1000万円超ミドルがより多く該当するのはどれですか?

 

まず、多くのミドルの転職を支援しているコンサルタントに、「経歴において、年収1000万円未満ミドルと比べて1000万円超ミドルがより多く該当するものは?」と尋ねたところ、「平均給与額が高い業界でキャリアを積んできている」との回答がもっとも多く、7割を超えました。具体的に平均給与額の高い業界としては、「コンサル」、「金融」、「商社」という回答が上位を占め、該当業界出身者の専門性や経験が、転職市場においても強く影響することが見て取れます。

 

次いで「外資系企業で実績を出している」が71%。「大手企業に長年勤めている」が56%。実力主義、成果主義の外資系企業の出身者や、大手企業での管理職経験者が、企業側から年収1000万円を提示されやすいようです。

 

身もふたもない結果ではありますが、該当の業界や企業に在籍している方は、転職が良いお話になる可能性が高いと言って過言ではないでしょう。では、上記のような経歴以外で、年収1000万円超ミドルの特徴はあるのか。引き続きコンサルに聞いてみました。

 

現状、経歴以外のヒューマンスキルを非常に重視している企業も多いと思います(マネジメントスキル、目標設定能力、部下育成など)。もちろん経歴やその結果から判断はされますが、「一緒に働くイメージが湧く」「この人なら一緒に会社を作り上げることができそう」…このような人物面での判断を面接の段階でしていただけたら、年収交渉の幅も広がるのかなと思います。

本当に大成する人は、素直で情熱的で子供の心を持っていると思います。また、人任せにしないことも実はポイントだと思います。
眼前の課題や目標に対する成果へのこだわりの強さ。絶対にやり遂げるというプロ意識の高さ。逆境でもあきらめない粘り強さ。
上場企業においては、経歴・スキル・業績が必須。ベンチャーにおいては、人望・人格・キャラクター重視。
コミュニケーション能力が高く、ロジカルな思考で意思決定が早く、数字に強い傾向が多い。

マネジメントスキルや成果へのこだわり、プロ意識などを持つ方が、年収1000万円超を実現しているようです。ミドルとしてこれまで培った経験やスキルが総合的にどう評価されるか。もし年収にこだわりがなかったとしても気になりますね。

年収1000万円超を目指すミドルにアドバイス

最後に、年収1000万円超を目指すミドルの方向けに、コンサルタントからアドバイスをもらいました。

何のために年収1000万を目指しているのか?1000万を手段に考えて目的は何なのかを明確にするべきかと思います。ミドルの場合は目的と活躍が一致しないと、年収が下がってくる世代です。年収目的だけで転職をしてもまた違う悩みが生じます。自分のまず転職目的を明確にする。その目的がどこなら実現できるのか?その場所が適していれば、結果として年収の大幅上昇に結びつくはずです。
単に高年収を目指すのか、仕事内容、勤務環境を重視するのかで方向性も変わってくる。経験・スキルあっての処遇なので、自分の能力を見極めて活動することが望まれる。単に年収を求めるのであれば、リスクの高い外資企業への転職がベターである。
現職で1000万円超が可能なポストがあるのなら、そこに登れるだけの実績を上層部にアピールするとよいと思います。転職しないと難しい場合は、転職サイトにて1000万円超の求人を探し、スキルマッチしたら転職活動開始。スキル不足の場合は、そのスキルを身につけられるような方向へ一歩踏み出す(転職または異動など)と良いかな、と思います。
30代40代でチャレンジ(リスクをとって)をして大きく自分を変革された方は、そのあとは魅力的な給与と企業との出会いがあると思います。

年収は、自身の評価のひとつ。とはいえ、なぜ1000万円を超えたいのか、きちんと考えておくことが大事とのこと。年収につられて安易に転職をしてしまうことは、上手く活躍できない結果や年収ダウンに繋がることも。

 

どうぞ、転職は慎重に。

 

それでは。

 

[今回のレポートに使用した調査結果の詳細はこちら]
第56回「年収1000万円超ミドルと1000万円未満ミドルの経歴の違い」について

アンケート実施期間 : 2018年8月1日 ~ 2018年8月16日 / 有効回答数 : 109名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWSの一覧へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ