ミドル世代の転職市場
トレンドがわかる記事をPick up!
17/02/22 UP!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マネジメント・キャリア

春の組織変更前に!ミドルが読んでおきたいマネジメント本「MOVE YOUR BUS」

組織変更は、クラス替えっぽくてワクワクします。編集長の岡田です。
 
多くの会社で起きる春の組織変更。そろそろ内示や打診をされた、というミドルの方もいるかもしれません。
 
自身の所属する予定部署のミッションは?メンバーは?期待される成果は?などなど、管理職やリーダーとして思考を巡らす頃ではないでしょうか。
 
今回は、そんなあなたにオススメの一冊「MOVE YOUR BUS」をご紹介します。
 
「MOVE YOUR BUS」とは?
 
著者は、ロン・クラークさん。ニューヨーク・ハーレムの荒れた底辺校の教師として活躍。優秀な児童を多数輩出し、2001年にディズニー社主催の全米最優秀教師賞を受賞。
 
現在では、自身の学校だけでなく、教育関係者向けの研修も行なう世界有数の教育者です。
 
本書「MOVE YOUR BUS」は、その研修から生まれたもの。動かすべき事業を「バス」に例え、組織内で働く人を「バスに乗る5タイプのメンバー」に分類しています。

本に登場するメンバーの特徴・役割

メンバーを分類する軸は、バスをスムーズに目的地へ向かわせるためにどれくらい活力を注いでいるかという貢献具合で5つタイプに別れています。
 
(1)「ドライバー」舵取り役(組織の長)

特徴:下記のメンバーを束ねて、チームをコントロールするリーダー。

(2)「ランナー」
チームの最強メンバー(期待以上のことをやってのける人)

特徴:称賛・注目されるよりも組織を良くすることをモチベーションとする。
毎朝早く仕事に来て、すぐ仕事に集中する。
不平不満も言わず、いつも前向き。
仕事を選り好みしたりはしない。
時間を顧みず働く。仕事熱心。

(3)「ジョガー」
できる範囲で仕事をする人

特徴:真面目な頑張り屋。
自分の仕事をこなすし、ちゃんと成果も上げる。
自己評価が高く、称賛や注目を求め、周囲からの評価を気にしている。
高い要求にも応えることもあるが、長続きしない。
自分の担当する職務以外には手を出さない。
仕事のために私生活を犠牲にはしない。

(4)「ウォーカー」
誰かに引っぱられないと動かない、やる気に欠ける人

特徴:何か問題に気づくと指摘せずにはいられない。
自分のことばかり考える傾向がある。
同じが好きなので工夫はしない。
新人の心をつかむのがうまい。
新しい取り組みには後ろ向き。
ランナーを批判しがち。

(5)「ライダー」
座っているだけのチームのお荷物

特徴:目立たないように細心の注意を払っている。
文句は言うが、自分では何も行動しない。
誰かがやってくれるのを待っている。
成長意欲がない。

 
さて、5つの役割タイプと特徴を把握したところで、あなたの部下になるメンバーはどのタイプでしょうか。新しい組織を引っ張るドライバーであるあなたは、メンバーがどのタイプかを認識する必要があるのです。
 
そして、バスをスムーズに目的地へ向かわせるため、ドライバー(組織の長)としてどのメンバーにどう接するべきか、それぞれのメンバーはどういう役割を果たすべきかが重要。
 
また、自分は「ランナー」だと回答するメンバーの多くは、実は「ジョガー」タイプだった…と、自己認識のずれが起きることも多々あるそう。そのため、メンバー達にも読んでもらったほうが良い一冊です。
 
新年度前に、みんなで読書会をしたら面白いかもしれませんね。
ご興味があればぜひ。組織変更後のスタートダッシュに役立ちますように。
 
それでは。

 

書籍画像:MOVE YOUR BUS

MOVE YOUR BUS

出版社/SBクリエイティブ

著者/ロン・クラーク

内容/フォーチュン誌ランクインの有名企業から講演依頼殺到。
100万部突破『あたりまえだけど、とても大切なこと』を著した
ニューヨークハーレムの話題の学校校長による注目のマネジメント論とは!?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWSの一覧へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
アメリカで話題のチームマネジメント論。組織をバスにたとえ、そのバスを動かすスタッフを能力順に「ドライバー」「ランナー」「ジョガー」「ウォーカー」「ライダー」と名付け、バスをスムーズに目的地へ向かわせるにはどうすべきかを示した本の紹介です。