ミドル世代の転職市場
トレンドがわかる記事をPick up!
16/08/08 UP!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノウハウ

周囲に聞けない『正しい退職方法と手続き』

転職先が決まったら、まずやることといえば・・・そう、退職の準備。
 
周囲に聞けない退職時のマナーと手続きについて、重要ポイントをお伝えします。
 
1.二ヶ月前に「直属の上司」に退職の意思を口頭で伝える。

 

  • 退職の意思を伝えるタイミングは退職日の2ヶ月前が一般的です。
  • 法律上では、退職日の2週間前までに報告することが義務付けられていますが、会社の就業規則で●ヶ月前までと決められている場合もあります。
  • 必ず誰(同僚など)よりも先に直属の上司に伝えましょう。
  • メールやLINEなどでの連絡は基本的にNGです。

 
立つ鳥跡を濁さず。引き継ぎ期間も視野に、余裕を持ったスケジューリングを心がけましょう。
 
2.退職日が決定した後、退職1ヶ月前に「退職願」を提出。

 

■退職願の書き方ルール
edit_taishoku_sample_01

edit_taishoku_sample_02
 

  • 会社で指定している場合を除き、用紙は白無地の便せんなどを用います。
  • 白い封筒に入れ、表には「退職願」、裏には部署と氏名を書きます。(※公務員もしくは会社役員の方以外は「辞表」という表書きはNG。)
  • どんな場合も退職理由は「一身上の都合で」と記載する。
  • 自分の名前の下に認印または三文判で捺印
  • 黒の万年筆かボールペンを用います。
  •  
    今はメールでOKな企業も一般的です。まずは、社内ルールを確認しましょう。
     
    3.退職当日に返却・受領・確認すること。

     

    ■返却するもの

    • 名刺(自分の名刺、取引先の名刺を全て返却)
    • PC(私的なデータを全て削除し返却)
    • 健康保険証(扶養家族分も一緒に返却)
    • 制服・作業着(クリーニングして返却)
    • 通勤定期券(原則、退職日に返却)
    • 社費購入の文具・図書
    • ロッカー・デスクの鍵
    • カードキー・社章

     
    ■受け取るもの

    • 雇用保険被保険者証
    • 年金手帳

     

    • 失業中に国民健康保険への切り替えを行なう方のみ)健康保険被保険者資格喪失確認通知書
    • (希望者のみ)退職証明書
    • (希望者のみ)在籍期間証明書

     
    ■確認するもの

    • 住民税支払い方法
    •  
       
      4.退職後に会社から受け取るものを確認しましょう。

     

    • 源泉徴収票(退職日から1ヶ月以内)※所得税の確定申告に必要になります
    • 離職票(退職日の翌日から10日前後)※次の転職先が決まっていない方のみ、必要になります。
    •  
      ※どちらも退職後に発行されるので、事前に自宅郵送してもらうようお願いしておきましょう。

     

    退職実務も大切なひとつの仕事です。
     

    「円満退職」を目指し、ヌケモレがないように進めていきましょう。
     
    それでは。
     
    記:ミドルの転職編集部(柴本)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWSの一覧へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職先が決まったら、まず行うことは自身の会社の退職手続き。そのマナーと必要な手続きをお伝えします