ミドル世代の転職市場
トレンドがわかる記事をPick up!
16/06/14 UP!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレンド

未来の働き方。2つのトレンドと、求められる2つの能力。

私たちを取り巻く労働環境。

 

この先どのように変化し、マネジャー・リーダーはどう対応していくべきなのでしょうか。

 

先日、アメリカで人々の働き方に影響を及ぼす2つの大きなトレンドが提唱されました。それが『仕事の民主化』と『テクノロジーによる強化』です。

 

 

仕事の民主化

 

グローバル化、長寿化、社会政策により、伝統的な雇用の枠組みを超えた幅広い働き方が促進されるようになるそうです。

 

外部人材との協働や人脈ネットワークによって、縦型の組織だけにはとどまらない、横断的なプロジェクトベースの仕事が増えていくと予想されています。

 

 

テクノロジーによる強化

 

アナリティクス、アルゴリズム、ビッグデータ、人工知能(AI)によって、かつて人間がやっていた仕事がますます消え去っていきます。

 

しかし、同時に人間と人工知能、オートメーションが接する部分で、新たな仕事が創出されていくとも言われています。

 

 

これからのマネジメントに求められる力

 

2つのトレンドの影響を受け、マネジメントの対象は社内だけではない「外部人脈のネットワーク」も対象になっていきます。

 

仕事自体も「人工知能(AI)、オートメーション」を前提としたものに変化していくことが予想されます。

 

そのような中で、今後マネージャーは以下2つの能力が求められていく、と私は考えています。

 

1.仕事をプロジェクト単位に分解する能力
2.プロジェクトにリソースを適切に分配する能力

 

「その仕事」を複数のプロジェクトに分解し、指標や目的を明確にする。

 

そして、そのプロジェクトに誰の何の能力が必要で、どのように進捗させて行くのがよいか。それを適切に判断できる指揮官がより求められるようになるはずです。

 

コミュニケーションも仕事の仕方も複雑化・高度化していく環境では、マネジメントの役割は大きそうです。

 

プロジェクトを遂行して、次のプロジェクトに移る、または、転職するというような働き方が一般的になるのかもしれません。

 

来るべきその時に「プロジェクトマネジメントがうまくできない!」とならないよう、今のうちに自らプロジェクトを立ち上げ、たくさん失敗しておこうと思う今日この頃です。

 

それでは。

 

出典:2025年までに、働き方は4つに分かれる(Harvard Business Review)

 

記:ミドルの転職ニュース編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWSの一覧へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
マネジメント層やリーダーに今後求められる能力とはどういったものでしょうか。2つのトレンドから見えてきたものとは?