ミドル世代の転職市場
トレンドがわかる記事をPick up!
16/01/25 UP!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マネジメント・キャリア

「部下に信頼される上司」が心がけてる3つのポイント

「部下からの信頼」を得ている上司。

 

彼らは、日々どんなことを心がけているのでしょうか。

 

ミドルの転職会員へのアンケートの結果、「信頼している上司」に必要な3つのポイントが明らかになりました。

 

専門的な知識がある

不動産関係でしたが、土地や周辺環境を見ただけで、ある程度の市場相場やどの程度の建物が建設可能か、その地域の規制などが頭に入っていました。そのため交渉などをスムーズに進めることができ、専門知識や経験を感じました。(30代 女性)

自分が持っていない知識や経験をさらりと披露する上司、カッコイイですよね。

 

実務から離れたとしても、業界知識を得るための活動、読書などを通じた知識の増加など、「腕」を磨くことは続けたいですね。

 

 

責任感がある

仕事をしていて、分からない事、出来ない事をさりげなくカバーしてくれた。又、急病になった時に、シフトの調整を素早くやってくれたり、何かとお世話になりました。(60代 男性)
仕事上で失敗をした時や悩みを相談した時に、きちんと責任を持ってフォローアップしてくれる。(50代 男性)

部下の成果は、部下の成果。
部下の失敗は、上司の失敗。

 

何かあっても最後の砦になってくれる上司は、本当に頼りになります。

 

そんな上司がいるから、部下ものびのびと仕事ができ、全体の成果に繋がっていくんですよね。

 

 

仕事上のこともプライベートのことも腹をわって話せる

プライベートや仕事の事の悩み、疑問をいつも解決、アドバイスしてくれる。(30代 男性)
わからない人に対して、わからない人の目線に立って、スピードや話し方を工夫しながら接してくれることがわかる。仕事なのでやりたい、やりたくないではなく、どうできるか、を考えて動いていることがよくわかる。挨拶、目線、姿勢で、とてもまっすぐに向き合ってくださっていることがわかります。(30代 女性)

 

最も多かったのが、このプライベートのことも腹を割って話せるという意見。

 

当たり前ですが、上司も部下も人間。

 

細かいコミュニケーションの積み重ねが、実際の現場で生きてくる事があります。

 

仕事上はもちろん、仕事以外でも部下と会話をしていますか?

 

たまには、何気ない無駄話を通じたコミュニケーションをしてみてはいかがでしょうか。

 

その無駄話、きっと無駄ではありません。

 

ではでは。

 

[今回参考にしたアンケート]
「仕事仲間との関係構築」について(2015年版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWSの一覧へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
上司が部下からの信頼を得るためにはどのような事に注意したらよいのでしょうか。ポイントを簡潔にまとめてみました。