ミドル世代の転職市場
トレンドがわかる記事をPick up!
16/01/09 UP!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライフ

2016年は、グローバルよりローカル?!今、地方が熱い、これだけの理由!

2016年はオリンピック、伊勢志摩サミット、参議院選挙やアメリカ大統領選挙など。景気や雇用・採用に影響を与えそうなイベントが目白押し。

 

そんな2016年、私が注目しているのは、グローバルよりもローカル。

 

ミドル世代の地方への転職です。

 

 

2016年は、グローバルよりローカル?!今、地方が熱い、これだけの理由

 

少し前から政府が地方の雇用創出、人材移動を後追しを始めています。

以下のようなニュースが最近多く見かけるように。

 

 

カンタンに言うと、各都道府県に「地方活性化の請負い人」が配置されるってことです。
 

それによる雇用創出が期待されています。

 

実際の雇用創出は、少し先になると思いますが、地方での新しい事業の可能性を探っていく作業が既にはじまっています。

 

 

今後起こる地方での変化

 

今年を起点に、数年かけて以下の様な変化が地方で起こっていくはずです。

 

  1. ローカル発信のイノベーションやブランディング構築重要の高まり
  2. これまでは都市部でしか無かったような求人が、地方で出始める
  3. 地方で年収の高い募集が増加
  4. 経営や経営サポート、事業創出・開発のできる人材ニーズの高まり
  5. 社内外に人脈のあるリーダーやマネージャー経験者などの人材ニーズの高まり

 

そこで、必要になるのが…プロフェッショナル人材です。

 

 

プロフェッショナル人材って?

 

「企業の成長戦略を具現化していく人材」と言われています。

 

年収が高ければいいわけではなく、経営やそのサポート、事業の推進などを通じて、価値を生み出せる人といえるでしょう。

 

今年、成長が求められるローカルこそ、このプロの力が求められているのです。
 

こちらの「プロフェッショナル人材 自己診断チェックリスト」という診断チェックリストでは、あなたがプロフェッショナル人材かどうか診断できます。
 

一度お試しください。

 

ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWSの一覧へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
2016年のミドルの求人動向やトレンドを解説。今年はローカル(地方)がキーワードです。