広報・IR
国⽴公園の利⽤推進担当(環境省職員)国⽴公園の魅⼒ のPR、アクティビティの企画などにも携わります。
掲載期間:20/01/12~20/01/30求人No:ENVG-01
広報・IR

国⽴公園の利⽤推進担当(環境省職員)国⽴公園の魅⼒ のPR、アクティビティの企画などにも携わります。
環境省

募集要項

募集背景
★2020年の節⽬に向け、プロジェクトをさらに加速させます。
環境省が中⼼となって推し進める『国⽴公園満喫プロジェクト』では、2020年に国⽴公園の外国⼈利⽤者数を1000万⼈にするという⽬標を掲げ、これまでさまざまな取り組みを実⾏してきました。
その最終年度となる2020年となり、さらに各施策のスピーディーな実施が求められます。とはいえ、その後も永続的に国⽴公園の魅⼒づくりや環境整備は不可⽋。そこで、今回新たに国⽴公園の利⽤推進担当を増員することで、施策実⾏のスピードアップとクオリティアップの両⽴を実現させたいと考えています。
仕事内容
国⽴公園の利⽤推進担当(環境省職員)|国⽴公園の魅⼒のPR、アクティビティの企画などにも携わります。
⽇本の国⽴公園を世界⽔準の"ナショナルパーク"としてのブランド化を⽬指すためために発⾜した『国⽴公園満喫プロジェクト』。
今回募集する任期付職員は「2020年までに国⽴公園の訪⽇外国⼈利⽤者数を1000万⼈とする」という⽬標に向け、各国⽴公園の魅⼒の発掘・発信していきます。

【『国⽴公園満喫プロジェクト』とは︖】
34ある国⽴公園のうち、8つの国⽴公園に対し「国⽴公園ステップアッププログラム2020」を策定し、旅⾏者を惹きつける取組を計画的、集中的に実施する施策。現在、8公園だけでなく全国にも取組を展開し、アクティビティの創出や魅⼒の発信、環境整備や地域の受け⼊れ体制・⾃然保護体制の構築など、国⽴公園の総合的な魅⼒度アップを⽬指します。

【利⽤推進担当の役割とは︖】
外国⼈観光客を含む公園利⽤者数の増加や利⽤環境の向上に向け、地域の関係者を巻き込みながら国⽴公園の利⽤に関する情報の収集、プロモーション、環境整備などを⾏ないます。
たとえば…
▼各地域のレンジャー(⾃然保護官)や事業者と共同した、国⽴公園を楽しむアクティビティの創出
▼魅⼒を発信するPR資料の作成および旅⾏関係の展⽰会などへの出展・PR
▼SNSなどを活⽤した国⽴公園の情報の発信
▼ファムトリップなどの企画および当⽇のアテンド
▼地域の⾃然資源の状況を把握し、関係者と⼀緒に望ましい利⽤のあり⽅を考えます。
※定員状況や能⼒、経験に応じ、国⽴公園の運営管理中⼼の職務をお任せする場合があります。

【⼤切なのは地域との協⼒体制】
⽇本の国⽴公園の特徴は、その中で⽣活を営む⽅々がいたり、事業を営む企業があること。そうした⽅々の理解や協⼒なく⾏動はできません。利⽤推進担当はその間に⽴ち、スムーズに施策が実⾏できるようプロデュースする役割も担います。
応募資格
必須
<以下の経験のうち、いずれかをお持ちの⽅>
□接客、営業、広報などの実務経験(商品やサービスの提案・プロモーションに関わっていればOK)
□観光・旅⾏業界の経験(観光商品の企画など関係者間の合意形成などに関わっていればOK)
□⾃然関連の業務経験(⾃然環境ガイド、アウトドア関連アクティビティなどのインストラクターなど)
□⾃然資源に関する調査・研究⼜は管理・保全活動に関する経験
⇒特定の職種・業界経験を問わず、広く募集します。学歴は不問です。

<上記に加え、共通の応募資格>
■社会⼈経験(⼤卒5年以上、短⼤卒8年以上、⾼卒・中卒10年以上)※⼤学院での研究業務を含む
■⾃動⾞の運転免許を有し、運転ができること
■⽇本国籍を有し、採⽤予定期間中継続して勤務が可能なこと
詳細は、環境省採⽤HPをご覧ください。
http://www.env.go.jp/guide/saiyo/cat_x2/post_28.html
フィットする人物像
向いている⼈
★⾃然環境に興味がある⽅
豊かな⾃然と、そこに息づく⽂化など地域の魅⼒を発信、維持管理する役割です。そのため、もともとアウトドアに関連したアクティビティが好きだったり、⾃然保護や⾃然との共⽣といったテーマに興味をお持ちの⽅は、熱意を持ってこの仕事に取り組めるでしょう。
また、⽇本の国⽴公園は地域社会と密接な関わりを持っていることが特徴です。国⽴公園への利⽤者が増えることは、地域貢献にもつながります。
雇用形態
任期付職員(任期の定めのある環境省職員(⾏政職俸給表(⼀))として採⽤します。
[採⽤期間]
令和2年4⽉1⽇より令和4年3⽉31⽇まで
※採⽤時期は若⼲前後する可能性があります。
※任期終了以降、引き続き業務が継続する場合は、勤務実績等を踏まえた任期延⻑の可能性があります。
勤務地
全国の地⽅環境事務所もしくは⾃然環境事務所所管の事務所での勤務
※勤務地の希望を考慮。U・Iターンを歓迎します。
【北海道地⽅環境事務所管内】
稚内市、上川郡上川町、千歳市
【釧路⾃然環境事務所管内】
斜⾥郡斜⾥町、⽬梨郡羅⾅町、川上郡弟⼦屈町
【東北地⽅環境事務所管内】
⻘森県⼗和⽥市、岩⼿県宮古市、福島県耶⿇郡北塩原村
【関東地⽅環境事務所管内】
さいたま市、福島県南会津郡檜枝岐村、群⾺県利根郡⽚品村、栃⽊県⽇光市、神奈川県⾜柄下郡箱根町
【中部地⽅環境事務所管内】
名古屋市、三重県志摩市
【信越⾃然環境事務所管内】
群⾺県吾妻郡嬬恋村、⻑野県松本市
【近畿地⽅環境事務所管内】
和歌⼭県新宮市、兵庫県豊岡市、⿃取県岩美郡岩美町
【中国四国地⽅環境事務所管内】
岡⼭市、⿃取県⽶⼦市
【九州地⽅環境事務所管内】
⻑崎県雲仙市、熊本県阿蘇市、⿅児島県⿅児島市、⿅児島県熊⽑郡屋久島町
勤務時間
【関東地⽅環境事務所または中部地⽅環境事務所】
8:30~17:15または9:15~18:00(休憩1時間/12:00~13:00)
【上記以外の事務所】
8:30~17:15(休憩1時間/12:00~13:00)
※実働7時間45分(週38.75時間)
※必要に応じて残業が発⽣します。
年収・給与
⽉給20万円以上
※上記⽉給は⼤卒(5年程度)の初任給の最低保証額です。経験や能⼒に応じ、加給いたします。
※上記に加え、勤務地に応じた地域⼿当、扶養⼿当、住居⼿当、通勤⼿当などが⽀給されます。
年収450万円/35歳
年収500万円/40歳
年収670万円/50歳
※国家公務員の⼀般的なモデル給与例であり、実務経験や配置ポスト等により決定するため、上記の給与額を保証するものではありません。
待遇・福利厚生
■退職⾦
■地域⼿当
■扶養⼿当
■住居⼿当
■通勤⼿当
■期末⼿当
■勤勉⼿当
■超過勤務⼿当
など、条件に合致した場合に⽀給されます。
健康保険については、国家公務員共済組合(内閣共済組合)に加⼊します。
休日休暇
■完全週休2⽇制(⼟・⽇)
■国⺠の休⽇
■年末年始
■年次休暇
■特別休暇(結婚、忌引 等)
※週休⽇等にイベント等で勤務する場合は、休暇を振り替えることができます。
選考プロセス
STEP 1 第⼀次選考︓書類選考(⼩論⽂、履歴書、職務経歴書)
STEP 2 第⼆次選考︓⾯接による⼈物試験(本省もしくは各地⽅環境事務所・⾃然環境事務所)
STEP 3 内定
STEP 4 ⼊省 ※任期︓令和2年4⽉1⽇より令和4年3⽉31⽇まで

<応募書類について>
エントリー後、下記の応募書類を「連絡先」のメールアドレスまでご送付ください。
E-MAIL / koen_riyo@env.go.jp
メール送付にあたっては、件名に「任期付職員(※)地⽅環境事務所 応募」と本文中に「ミドルの転職経由で応募」である旨の記載をお願いします。
※令和2年1⽉31⽇(⾦)必着

■⼩論⽂
「国⽴公園などの⾃然観光資源を活⽤した[1]利⽤の推進、[2]地域の魅⼒向上、[3]国内外への普及啓発
([1]~[3]を⾃由選択)等に向けて、⾃⾝が貢献できること」について、800字程度で論述してください。
■履歴書(写真貼付)
※連絡⽤に携帯電話番号およびEメールアドレスもご記載ください。
※本⼈希望欄等に希望する勤務地をご記載ください(第3希望まで記載可)
■過去の業務経験⼀覧
※これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で記述してください。

<応募にあたっての備考>
※給与等については、学歴、経歴等を勘案して⼀般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。
※採⽤内定者に選考された場合、健康診断を受診(⾃⼰負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提出していただくことになります。
※採⽤内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書及び過去に在籍した会社等への在籍証明書を提出していただくことになります。
※最終的に採⽤内定者に選考された場合、現在職に就いている⽅は、採⽤時に当該所属先から退職していただく必要があります。
※応募書類の返却は⾏いませんので、あらかじめご了承ください。
※ご応募にあたっては環境省の採⽤HPもぜひご覧ください。
http://www.env.go.jp/guide/saiyo/cat_x2/post_28.html
※以下に該当する⽅はご応募できません。
・⽇本国籍を有しない⽅
・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない方。

<連絡先>
本省
〒100-8975
東京都千代⽥区霞が関1-2-2
環境省⾃然環境局国⽴公園課国⽴公園利⽤推進室
担当/ 井對、⽵節
TEL / 03-5521-8271
E-MAIL / koen_riyo@env.go.jp

会社概要

社名
環境省
事業内容・会社の特長
地球環境保全、公害の防⽌、⾃然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む)
並びに原⼦⼒の研究、開発及び利⽤における安全の確保。
設立
2001年1⽉
資本金
公的機関のため、資本⾦はありません。
売上高
公的機関のため、売上⾼はありません。
従業員数
2037名(2018年3⽉現在)

この求人の募集会社応募先の企業情報です。 募集会社の詳細へ

環境省
設立
2001年 ※前身の「環境庁」発足は1971年
資本金
官公庁のためなし
代表者名
環境大臣 小泉進次郎
従業員数
2,076名(2018年度定員数)
事業内容
■環境省ホームページ
http://www.env.go.jp/
事業所
環境省 自然環境局地図を見る
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
ホームページ
http://www.env.go.jp/
検索結果へ戻る
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
Q.
エージェント(人材紹介会社)を利用して、転職をするメリットは何でしょうか。
A.
一般に公募していない非公開求人情報が得られるほか、キャリアやスキルを査定して最適な転職先を紹介してもらえる、転職を希望する企業がある場合、採用の可能性を判断してもらえます。

実際の転職活動の際にも、紹介先企業の企業の人事方針や経営に関する詳細な情報が事前に得られたり、履歴書や職務経歴書の書き方や、面接でのアドバイスがもらえるなど、有利に転職活動ができるようにサポートをしてもらえます。

また、より良い待遇条件で転職が決まるように条件面での交渉をしてもらえます。
国⽴公園の利⽤推進担当(環境省職員)国⽴公園の魅⼒ のPR、アクティビティの企画などにも携わります。の転職・求人情報 9632809。プロのコンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。年収800万円以上の高年収、管理職、スペシャリストの求人、非公開求人スカウトも多数。