登録日150319
コンサルタント
イクタヨウイチ
生田陽一
  • 年齢57歳
  • コンサルタント歴3年
  • 担当エリア関東
メーカー(電気・電子・半導体)に強い技術系(電気・電子・半導体)に強いその他に強い大手企業に強い
土日でも面談可能出張面談あり模擬面接あり企業とのパイプに自信あり

生田陽一の掲載案件・担当した求職者の傾向

掲載案件の傾向

職 種

  • 経営・経営企画・事業企画系20%
  • 事務・管理系0%
  • 営業・マーケティング系10%
  • コンサルタント系0%
  • 金融系0%
  • 不動産系専門職0%
  • 技術系(IT・Web・通信系)10%
  • 技術系(電気・電子・半導体)40%
  • 技術系(機械・メカトロ・自動車)10%
  • 技術系(化学・素材・食品)0%
  • 技術系(建築・設備・土木・プラント)10%
  • 技術・専門職系(メディカル)0%
  • サービス・流通系0%
  • クリエイティブ系0%

年 収

  • 500万円未満100%
  • 500万円 ~ 599万円0%
  • 600万円 ~ 699万円0%
  • 700万円 ~ 799万円0%
  • 800万円 ~ 899万円0%
  • 900万円 ~ 999万円0%
  • 1000万円 ~ 1499万円0%
  • 1500万円 ~ 1999万円0%
  • 2000万円 ~ 2999万円0%
  • 3000万円以上0%

担当したユーザーの傾向

現在、事務局にて集計を行っております

取扱い求人情報

うちシークレット求人件数0
  • 昨年7月に設立されたコア技術センターにて、その部署名の通り、コアとなる技術を企画・開発していくスタッフを募集しています。同社の3つの事業の柱である電子部品、電子機器、金型のそれぞれの分野を、今後どう伸ばし、コア技術をどう活用していくかを考える、いわば各事業の未来をデザインする仕事です。現在は、各事業部から集めた技術者で構成されている組織に、新たな戦力としてマーケティング力や企画立案力を持つ人材を求めています。
  • 昨年7月に設立されたコア技術センターにて、その部署名の通り、コアとなる技術を企画・開発していくスタッフを募集しています。同社の3つの事業の柱である電子部品、電子機器、金型のそれぞれの分野を、今後どう伸ばし、コア技術をどう活用していくかを考える、いわば各事業の未来をデザインする仕事です。現在は、各事業部から集めた技術者で構成されている組織に、新たな戦力としてマーケティング力や企画立案力を持つ人材を求めています。
  • シンドラーグループは世界100カ国以上の国で55,000人が働くエレベーター・エスカレーターのリーディングカンパニーです。この求人は、その日本法人における技術者の募集です。シンドラーは、業績は社員が作るものと考え、社員ひとりひとりの個性を尊重しながら、さらに、各々が有する個性と強みが十分発揮されるような労働環境を整えています。
    そんなシンドラーが様々な技術的要求に応えるために、高度な知識と技術を身に付けた技術者を採用・長期育成しようとしています。
  • 全ての取り扱い商品がトップクラスの双葉電子工業。その技術を支えているのは、双葉の生産技術です。創業以来、生産技術に力を入れ、できる限り生産に使用する製造装置や検査装置を独自開発してきました。
    この双葉の生産技術部門で、経験を積みながら、新たな技術やノウハウを習得できることは、電気・機械・ソフトを問わず技術者にとって素晴らしいスキルアップの場となると信じています。
  • 自動車のインパネやヘッドアップディスプレイなど多くの国内外の大手自動車メーカーにディスプレイデバイスを供給してきた双葉電子工業。今回募集する技術者は、自動車などでの利用が想定される次世代ディスプレイを製品化するため、必要となる要素技術の開発を行う。次世代ディスプレイでは、ディスプレイの表示能力はもちろんだが、ドライバーの視線やバイタルのセンシング、ジェスチャー入力といったセンサー技術との組み合わせが求められる。こうした領域で、探究心旺盛に研究・開発に没頭できる同社の環境は魅力だ。
  • ラジコンのFUTABAの製品量産に欠かせないソフトウェア開発者の募集です。
    製品の量産において特性評価の自動化は、生産性の向上・製品品質の向上に直結する技術です。
    独自のラジコン技術を蓄積してきたFUTABAで、製品の量産にあなたのソフトウェア開発経験を活かしてください。
  • 自社システムの開発は、現場の業務の流れを理解し、エンドユーザーの課題を解決するために、現場の声をどれだけ細かく拾い上げられるかが重要なポイントです。部門を超えて全社のビジネスを俯瞰的に見られ、かつ詳細まで知ることができるのは、情報システム部の人間ならではの醍醐味です。実際に、情報システム部で経験を積んだ人は、他部門からも欲しがられる人材となっています。あなたも情報システム部で、会社にとって重要な人材へと成長していきませんか? 将来のリーダー候補として、大いに活躍してくださることを期待しています。
  • 2012年に有機EL事業の本格化と同時に、タッチパネルの分野にも事業を展開してきた双葉電子工業。
    今後、自動車や医療機器をはじめ、さまざまな分野に付加価値の高い部品を供給していきます。
    今回の募集は、そのタッチパネル事業において、新製品の開発を担当するスタッフです。
    新たな事業で新製品の企画・立案・設計に携わる可能性の大きな仕事です。
  • 国内外の大手自動車メーカーに長年、蛍光表示管というディスプレイデバイスを供給してきた双葉電子工業。
    有機EL事業を新たに立ち上げ、研究・開発・製造販売を始めました。この将来性のある新たな事業の研究・開発技術者を募集しています。高い信頼性のデバイスを供給し続けた技術と顧客との信頼関係を武器に新たなデバイスで車載市場に挑戦しています。全ての車メーカーから採用機会があり大きな売り上げにつながる期待の事業です。用途は車載以外にも様々に広がり将来性の大きな事業です。
  • 昨年7月に設立されたコア技術センターにて、その部署名の通り、コアとなる技術を企画・開発していくスタッフを募集しています。同社の3つの事業の柱である電子部品、電子機器、金型のそれぞれの分野を、今後どう伸ばし、コア技術をどう活用していくかを考える、いわば各事業の未来をデザインする仕事です。現在は、各事業部から集めた技術者で構成されている組織に、新たな戦力としてマーケティング力や企画立案力を持つ人材を求めています。
10件の求人情報を掲載中
10件の求人情報を掲載中
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
生田陽一と同じ人材紹介会社に所属するコンサルタントはこちら。
Q.
エージェント(人材紹介会社)を利用して、転職をするメリットは何でしょうか。
A.
一般に公募していない非公開求人情報が得られるほか、キャリアやスキルを査定して最適な転職先を紹介してもらえる、転職を希望する企業がある場合、採用の可能性を判断してもらえます。

実際の転職活動の際にも、紹介先企業の企業の人事方針や経営に関する詳細な情報が事前に得られたり、履歴書や職務経歴書の書き方や、面接でのアドバイスがもらえるなど、有利に転職活動ができるようにサポートをしてもらえます。

また、より良い待遇条件で転職が決まるように条件面での交渉をしてもらえます。
生田陽一の掲載案件・担当ユーザーの傾向を掲載。担当転職・求人情報や担当ユーザーの傾向を職種別、年収別でご紹介。生田陽一以外にも転職のプロ、コンサルタントが多数所属する日本最大級のキャリア転職情報サイト。